COIN TOKYO

  • 2018/05/30
  • コイン東京編集部

gumiが仮想通貨やブロックチェーンへの投資ファンドを発表、ファンド規模は30憶円に及ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加
モバイルオンラインゲームなどエンターテイメントコンテンツを手掛けるgumiは5月30日、仮想通貨およびブロックチェーン技術に特化した投資ファンド「gumi Cryptos」を設立すると発表しました。合同会社の形式で法人を設立し、国内外のベンチャー企業に出資するとしています。

ファンドサイズは3000万ドル(約30憶円)で、gumi傘下のベンチャーキャピタル「gumi ventures」を通じて出資する他、10社ほどの国内大手金融機関なども参加する予定です。

ファンドの共同パートナーとして米国の暗号通貨取引所「Evercoin」の創業者で複数のファンドでもパートナーを務めるミコ・マツムラ氏が就任。

gumi代表取締役の國光 宏尚氏は「ブロックチェーンでなければできないことを追求しているプロジェクトに投資し、ブロックチェーン領域でグローバルに先行するポジションを確保する」とコメントしています。

今回の参入の目的は

参入の目的についてgumiは以下のように発表しています。

”当社は「情報革命時代を代表する世界No.1 エンターテイメント企業になる」ことを経営ビジョンに掲げ、モバイルオンラインゲームの開発・運営、VR/AR領域における国内外への有料企業への投資及びコンテンツ開発並びにモバイル動画領域における投資を通じ、業容を拡大させてまいりました。

現在、エンターテイメント領域とのシナジーが見込まれる、仮想通貨・ブロックチェーンにかかるICO(InitialCoin Offering:新規仮想通貨公開)市場が急速に拡大しております。ICO市場の市場規模は、英国1Coinschedule社の調査によると、平成29年には3,880百万米ドルであったICOによる資金調達額は、平成30年5月時点では既に8,930百万米ドルに達しており、今後も更なる拡大が見込まれます。そのため、仮想通貨・ブロックチェーンに関する具体的な事業内容は未定であるものの、当社グループにおける将来の収益機会を確保すべく中長期的な成長のために取締役会において仮想通貨・ブロックチェーン事業に参入するとこを決議いたしました。

既に5社の事業に出資

gumi Cryptosは、既に米国の暗号通貨関連事業に対し出資を完了しています。

・「Basis」
価格変動を抑制するアルゴリズムを用いた仮想通貨の開発
・「Robot Cache」
ゲームの販売、再販ができる分散型プラットフォームの開発
・「Origin」
仲介なしで車や住居などをシェアするプラットフォームの開発
・「Pryze」
懸賞を自動的に、低コスト、公平に実行するプロトコルを開発
・「Theta」
動画配信を高速、低コストで行う分散型ネットワークの開発

gumiは現時点で5社に対し出資したことを公表。

國光氏は「残念ながら、いまのところ投資を検討している日本のプロジェクトはゼロ。今後、日本のスタートアップを育てる仕掛けにも取り組みたい」と述べています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る