COIN TOKYO

  • 2018/06/01
  • コイン東京編集部

仮想通貨リップル(XRP)チームが、xCurrentを活用したサンタンデール銀行の国際送金アプリ「OnePay FX」の革新性を動画で紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
サンタンデール銀行が4月にリリースしたモバイルアプリ「OnePay FX」が注目を集めています。このアプリの成功は、サービスの透明性、高速化、低コスト化だけではありません。滑らかで、操作が簡単なユーザーエクスペリエンスです。このユーザビリティを称賛して、リップル(XRP)チームはYouTubeにアプリの使いやすさを紹介する動画を公開しました。

OnePay FXのどこが優れているのか

国境間支払いの世界では、シームレスなデジタルエクスペリエンスを提供することは、見た目ほど簡単ではありません。皮肉なことに多くの金融機関は新技術の統合と俊敏性の向上を‟困難”にする既存の銀行システムに、多額の資金を投入しています。モバイルユーザーを対象とした、より良いユーザーエクスペリエンスをサポートする様なアプリケーションは存在しないか、従来のシステムによって阻まれてひどく日数を擁します。

そのためサンタンデール銀行のOnePay FXの導入は画期的です。この実現にはフロントオフィス、ミドルオフィス、バックオフィスの技術革新が必要だと推測できます。これは、顧客に対する揺るぎないコミットメントによってもたらされた変化です。

携帯画面で認識しやすいUIとブロックチェーン技術を備えたOnePay FXアプリは、送金先のユーザーに、1)銀行手数料や外国為替を含む支払いの総費用、2)透明性向上のための納期見積もり、3)完全な確実性のための支払いの領収書、を提供します。

他のどの銀行もこの種の経験を提供することはできません。下の動画でOnePay FXを使った英国から米国への送金作業をご覧ください。


取引を実行する通貨の形式として米ドルかユーロを選択できます。受取人の詳細を入力した後、ユーザーはアップルペイを選択しています。取引を完了するために使用するクレジットカードの選択が行われ、「決済」を押しています。こうして、英国から米国への送金取引が数秒で完了しています。

このアプリは現在、アップルストアで無料でダウンロードして利用できます。(EU、米国のみ)

サンタンデールの国際送金の50%がリップル技術

今回のデモンストレーションでは、リップル社の製品であるxCurrentとサンタンデール銀行のOnePay FXが、より安全で迅速かつ安価な国際送金を可能にしていることが証明されています。何百万人ものサンタンデール銀行のヨーロッパの顧客は、これまで3日以上かかっていた国境を越えて暮らす知人への送金が、今や同日中に完了できるようになりました。

サンタンデールはユーロ圏の国々と米国にOnePayFXを提供しています。サンタンデール・グループのアナ・ボティン会長は、銀行の年間の国際送金額の50%が現在、リップル社のブロックチェーン製品によって運用されていると述べていました。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る