COIN TOKYO

¥367,175
BTC -0.53%
¥9,577
ETH -0.54%
¥32.60
XRP -0.62%
¥9,201
BCH -0.15%
  • 2018/06/02
  • コイン東京編集部

ビットバンク(bitbank)取引所が仮想通貨リップル(XRP)の月間取引量で世界1位に

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank.cc)が過去30日間のリップル(XRP)の取引量で、世界1位を獲得したことが公式のプレリリースで発表されました。

XRP Marketsによると、ビットバンクの過去30日間のリップル取引量は、18憶ドルを超え、全世界の取引量の16.9%を占めています。2位以下の取引所は、Bithumb、Binance、Okex、Bitfinex、Huobiなどで、世界大手の取引所を上回る量で、いかにXRPが日本人に好まれているかが分かります。

ビットバンク(bitbank.cc)取引所が使われる理由

板取引ができる
ビットバンクは、販売所形式(運営元から手軽に売買することが可能ですが、代わりに通貨価格が高いことが特徴)が主流な国内において、板取引(販売所形式よりも安い代わりに手間がかかるのが特徴)で多くのアルトコインを安く手に入れることができる取引所です。

特に国内で、XRPを板取引で入手可能なのは、ビットバンクとQUOINEXのみとなる為、
国内ユーザーは、XRPを購入するときビットバンクを使う人が多数います。また、ビットバンクでは取引手数料0%キャンペーンを実施しています。

セキュリティ面に対し高い評価を受けている
ビットバンクは、「コールドウォレットの運用手法が確立された銘柄のみ取り扱う」と決めており、取り扱いをしている全銘柄コールドウォレットで管理しています。

顧客資産のうちコールドウォレット管理が8割、ホットウォレットを2割、という風に使い分けている取引所もありますが、ビットバンクは顧客資産はすべてコールドウォレットに管理、ホットウォレットには自己資産のみ管理しています。

またビットバンクでは、秘密鍵を複数に分割することで、盗難を防ぐことができるマルチシグを対応。3月21日時点では、リップルはマルチシグに対応していませんでしたが、3月22日以降、マルチシグに対応したことでより資産を安全に管理することができています。

Android/iOSアプリをリリース

ビットバンクは、4月12日にiPhone向けの専用アプリをリリースし、5日後の4月17日、Android向けアプリもリリースしました。4月16日ビットバンクは、1時間のXRP取引量で世界1位を記録したと発表しました。現在、パソコンの使用率よりもスマホ使用率の方が高いとのデータが出ていることから、スマホを利用してXRPを購入した人も多くいると考えられます。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る