COIN TOKYO

¥731,424
BTC -0.03%
¥23,068
ETH +0.06%
¥51.20
XRP +0.10%
¥50,564
BCH +0.01%
  • 2018/06/04
  • コイン東京編集部

SBIバーチャルカレンシーズ取引所が、6月4日より仮想通貨現物取引サービスを開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
6月4日、SBIホールディングスによる「SBIバーチャル・カレンシーズのサービス開始のお知らせ」が正式に発表されました。

以下、公式発表より引用。

業界最低水準のスプレッドはもちろんのこと、SBIジャパンネクスト証券のPTSにおいて運用実績のある、米国の大手証券取引所NASDAQの取引システム(マッチングエンジン)を利用した世界最高水準の低遅延な取引環境をご提供いたします。
 なお、セキュリティにつきましては、セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山 泰男)のグループ会社でBPO・ICT事業を担うセコムトラストシステムズ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:林 慶司)とウォレットの運営に関して提携し、万全の体制でのサービス提供に努めてまいります。

SBIバーチャルカレンシーズの住所地確認はがきの郵送を開始

6月1日、SBIバーチャルカレンシーズ公式ページより、先行口座を申込した顧客に向け住所地確認手続きのためのハガキを郵送したことを告知していました。

「お申込みいただいた方のうち審査が終了しましたお客様につきまして、住所地確認手続きのためのハガキを本日より順次、転送不要簡易書留にて郵送いたします。なお、取引に必要な取引パスワードにつきましては別途、サービス開始時に改めてお送りいたします。
なお、一部のお客様につきましては本人限定受取郵便(特定事項伝達型)でお送りいたしますので、お受け取りの際に運転免許証、パスポート、個人番号カード、健康保険所など本人確認書類をご提示ください。このとき、本人確認書類に新住所の記載が無い場合はお受け取りいただけませんのでご注意ください。」

SBIバーチャルカレンシーズの取り扱い通貨

取扱い仮想通貨としては、まずは先行してXRPを取り扱い、順次、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)へと拡大することを予定しております。また、主要4銘柄に加え地域通貨等の独自決済用コイン「Sコイン」も加わる可能性も報じられています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る