COIN TOKYO

¥733,463
BTC +0.20%
¥23,079
ETH +0.05%
¥51.16
XRP +0.01%
¥50,669
BCH +0.10%
  • 2018/06/07
  • コイン東京編集部

GMOインターネットが最先端のマイニングマシン「GMOマイナーB2」を販売開始、 マイニングASIC「GMO 72b」を搭載

このエントリーをはてなブックマークに追加
GMOインターネットグループは、自社開発した高性能な仮想通貨マイニングコンピューター(マイニングマシン)「GMOマイナーB2」を、2018年6月6日(水)より販売開始しました。最先端の7nmプロセス技術によるマイニング用のASICを搭載したマイニングマシンの販売は、世界で初めてとなります。

「GMOマイナーB2」は、Webサイトで毎月販売の申し込みを受け付け、価格も毎月発表いたします。なお、「GMOマイナーB2」の6月販売分は、10月末より順次出荷する予定です。

GMOマイナーB2の概要

特徴1 最先端7nmプロセスのマイニングASIC「GMO 72b」
GMOマイナーB2は、自社開発した最先端7nmプロセスのマイニングASIC「GMO 72b」を搭載しています。「GMO 72b」はSHA256の暗号通貨マイニングに対応しており、ビットコイン、ビットコインキャッシュのマイニングを行うことができます。

特徴2 1台あたりのハッシュパワーは24TH/s
省スペース化、設置作業の負担軽減が可能
GMOマイナーB2が1台あたりで発揮するハッシュパワーは、24TH/s(1秒間に24兆回のハッシュ計算が可能)です。
1台で発揮できる能力としては、現在販売されている多くのマイニングマシンよりも多くのハッシュパワーを搭載しています。
これにより、同じハッシュパワーの設備を構築する場合、他社の多くのマイニングマシンに比べてマイニング施設の省スペース化が図れるほか、設置にかかる作業負担の軽減も可能です。

特徴3 最大32台のデイジーチェーン接続可能
ネットワーク機器のコストは最大55分の1に削減可能
マイニングを行うには、マイニングマシンをネットワーク機器につなぐ必要があり、その機器の調達にもコストがかかります。
GMOマイナーB2では、マイニングマシン自体をケーブルで複数台つなげ、あたかも1台のマシンのように扱うことのできる「デイジーチェーン」接続が可能な設計となっているため、ネットワーク機器への接続数の大幅な削減が可能です。「デイジーチェーン」接続を行うことで、他社の多くのマイニングマシンと比較して、ネットワーク機器にかかるコストを最大55分の1に抑えることができます。

特徴4 1TH/sあたりの消費電力は81W、最大20%の電力削減が可能
GMOマイナーB2の1TH/sあたりの消費電力は81Wと、他の主要なマイニングマシンよりも最大20%小さく、省電力なマイニングマシンとなっています。
なお、1台あたりの消費電力は1,950Wを予定しています。

特徴5 豊富な付加サービスをご提供
・電源ユニット(PSU)を併せて提供
・ソフトウェアのオンラインのアップデートに対応
・稼働状況のオンライン監視が可能
・盗難対策として稼働時のオンライン検知に対応
・温度センサを搭載
・温度異常を検知するとハッシュスピードを自動調整し、オーバーヒートを防止
・マイニングプール「GMO POOL」のご利用も可能
・180日の保証期間をご用意(以降は有償修理)


GMOマイナーB2は、Webサイトを通じて販売します。
ひと月ごとにお申込みを受け付け、価格も毎月発表。
また、お申し込みが出荷量を上回った場合は、抽選での販売となります。

6月分の販売価格は1,999USドルで、製品は10月末より順次出荷する予定です。

*お支払い通貨はビットコイン、ビットコインキャッシュ、USドルのみ

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る