COIN TOKYO

\707,442
BTC +0.08%
¥32,264
ETH +0.29%
¥35.41
XRP -1.24%
¥61,436
BCH +0.63%
  • 2018/06/08
  • コイン東京編集部

イーサリアム(ETH)は0.078BTC台で値動きを継続中、今後大きな動きを見せる可能性も―6月7日チャート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨イーサリアム(ETH)は6月3日に大陽線を形成後、0.081BTC台まで上昇をみせましたが、その後は上昇の勢いは弱まり、徐々に下落を起こしてしまいました。6月5日には大陰線を形成する場面もみられましたが、サポートラインでしっかりと支えられ、本日6月7日も0,080BTC台突破を目指す値動きがみられています。今後イーサリアムはレジスタンスラインを突破することができるのでしょうか?チャートをみていきます。

仮想通貨イーサリアム(ETH)はサポートラインに支持されながら0.080BTC台突破を試みている

ETH/BTCの2時間足チャートをみてきます。6月3日の大陽線形成後、0.081BTC台まで上昇をみせたETHでしたが、その後は反落を起こします。6月4日には5月28日以降の上昇トレンドラインを下方向へブレイクした形となり、大陰線を形成しました。しかし力強いサポートラインに支えられたETHはすぐに0.080BTC台まで価格を回復、本日6月7日も0.080BTC台突破を目指す値動きがみられています。

次にETH/BTCの4時間足チャートをみていきます。6月3日の大陽線形成後、ETHのチャートは徐々に収束された動きがみられています。上昇ペナント型のパターンが形成しつつあるETH、このままペナントパターンに沿った値動きをみせる場合、6月9日までには一つの大きな値動きがみられる可能性が高まっており、レジスタンスラインである0.080BTC台を突破する一つのチャンスとなります。

ETH/BTCの日足チャートもみていきます。5月29日から緩やかに価格を上昇させているETHですが、日足チャートでは一目均衡表の雲に支えられながら上昇しているともいえます。そのため、現在のETHチャート内で長く機能されているサポートラインは0.076BTC台ですが、一目均衡表雲が存在する0.077BTC台でも十分に下支えをしてくれる可能性があります。また、日足チャートでは今後一度価格を下げることにより、逆三尊のパターンもみえ始めるため、下落後もサポートラインでしっかりと下支えを起こした場合、大きな上昇のチャンスとなります。

0.080BTC台近辺で値動きをみせている仮想通貨イーサリアム、近々大きな値動きがみられるチャンスも到来

本日6月7日もレジスタンスラインである0.080BTC台突破を目指しているイーサリアムですが、突破はまだできていません。しかしチャート上では上昇ペナント型のパターンも形成されつつあり、6月9日までには大きな値動きがみられる可能性があり、レジスタンスラインを突破する一つのチャンスが近づいているともいえます。また日足チャートでは今後下落した場合も、サポートラインでしっかりと支えられる値動きがみられる場合、逆三尊のパターンも可能性がでてくるため、大きな上昇のチャンスは継続するでしょう。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る