COIN TOKYO

¥505,521
BTC -0.83%
¥14,868
ETH -1.62%
¥48.90
XRP -0.83%
¥26,224
BCH -0.96%
  • 2018/06/19
  • コイン東京編集部

リップル(XRP)はビットフライヤー(bitFlyer)取引所で購入できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本国内最大級の仮想通貨取引所であるビットフライヤー(bitFlyer)。これから初めて仮想通貨取引を始める方のなかには、ビットフライヤー(bitFlyer)の口座を開設しリップル(XRP)を購入しようとしていると方も多いかと思います。しかし、残念ながら2018年5月現在のところビットフライヤー(bitFlyer)ではリップル(XRP)が取扱いされておらず購入することはできません。そこで、リップル(XRP)を購入できる仮想通貨取引所とともに、今後ビットフライヤー(bitFlyer)へのリップル(XRP)の上場は予定されているのかなどについてご紹介します。

リップル(XRP)はビットフライヤー(bitFlyer)では購入できません

取引量、ユーザー数、認知度ともに日本国内トップクラスの仮想通貨取引所であるビットフライヤー(bitFlyer)。これから初めて仮想通貨取引所の口座を開設される方のなかには、ビットフライヤー(bitFlyer)の口座を開設しリップル(XRP)を購入しようとしている方も多いかと思います。
しかし、結論からいうと2018年5月現在のところビットフライヤー(bitFlyer)ではリップル(XRP)の取扱いを行っておらず購入することができません。
そのため、リップル(XRP)の購入を目的に仮想通貨取引所の口座を開設・利用される方であれば、ビットフライヤー(bitFlyer)以外の取引所の口座を開設する必要があります。
以下では、「リップル(XRP)を購入できる仮想通貨取引所」「ビットフライヤー(bitFlyer)で購入できる仮想通貨」「今後のリップル(XRP)のビットフライヤー(bitFlyer)への上場予定」などについてご紹介していきます。

ビットフライヤー(bitFlyer)で購入できるリップル(XRP)以外の仮想通貨

画像をクリックすると公式サイとに移動します

まず、ビットフライヤー(bitFlyer)で購入できるリップル(XRP)以外の仮想通貨銘柄についてご紹介します。2018年5月現在、仮想通貨取引所ビットフライヤーでは以下の7種類のビットコインおよびアルトコインの取扱いを行っています。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・リスク(LSK)

また、ビットフライヤーには「販売所」「取引所」という2つの側面があり、それぞれでかかる手数料の内容が異なります。以下は、ビットフライヤーの販売所・取引所それぞれでかかる手数料についてまとめた情報です。

※販売所・取引所の取引について
・【販売所での取引】…ビットフライヤーの販売所との売買取引
・【取引所での取引】…取引所を利用するユーザー同士での売買取引

●販売所での手数料
ビットフライヤーの販売所でかかる売買手数料は、現在のところビットコインとアルトコインともに無料(ゼロ円)となっています。しかし、実質的には「スプレッド」という形で手数料がかかり、スプレッド手数料については通貨や時価によって変動します。

●取引所での手数料
ビットフライヤーの取引所では、現在ビットコインのみ取扱いされています。ビットフライヤーの取引所でのビットコイン売買手数料は取引量によって異なり、直近30日間では0.01%(5億円以上)〜0.15%(10万円未満)となっています。

●ビットフライヤーの入金手数料
ビットフライヤーへの入金は日本円にて「銀行振込」もしくは「クイック入金」によって行えます。以下は、ビットフライヤーへ銀行振込/クイック入金で入金した場合にかかる手数料についてまとめた情報です。

・銀行振込…各金融機関所定の振込手数料
・クイック入金…324円(税込)/件

●ビットフライヤーの出金手数料
ビットフライヤーの出金手数料については、振込先の銀行が「三井住友銀行か否か」「3万円以上か3万円未満」によって異なります。以下は、ビットフライヤーから出金する際にかかる手数料についてまとめた情報です。

【三井住友銀行の場合】
・3万円未満…216円(税込)
・3万円以上…432円(税込)

【三井住友銀行以外の場合】
・3万円未満…530円(税込)
・3万円以上…756円(税込)

●ビットフライヤーの送金手数料
ビットフライヤーの送金手数料とは、ビットフライヤーの取引所口座から他の仮想通貨取引所の口座やウォレットなどに送金する場合にかかる手数料のことです。ビットフライヤーでかかる送金手数料については0.0004BTCとなっています。

リップル(XRP)を購入できるビットフライヤー以外の仮想通貨取引所は?

次に、リップル(XRP)を購入できる主な仮想通貨取引所についてご紹介します。2018年5月現在、リップルを購入できる日本国内の主な仮想通貨取引所および販売所は以下の7ヶ所となっています。

・Coincheck(コインチェック)
・bitbank(ビットバンク)
・GMOコイン(ジーエムオーコイン)
・QUOINEX(コインエクスチェンジ)
・DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
・BITPOINT(ビットポイント)
・BitTrade(ビットトレード)

また、リップルを購入できる海外取引所としてはBinance (バイナンス)やBittrex(ビットレックス)、Poloniex(ポロニエックス)などが挙げられます。

リップル(XRP)を購入におすすめの仮想通貨取引所は?

上記ではリップル(XRP)を購入できる仮想通貨取引所をご紹介しましたが、初めて取引所の口座を開設するような方であれば、「どこが一番おすすめなのか」について気になるかと思います。
特に、「リップルの購入を目的に初めて仮想通貨取引所の口座を開設する方」「手数料の安さだけでなくセキュリティー面でも安心できる取引所を利用したいという方」であればビットバンク(bitbank.cc)の利用がおすすめです。
ビットバンクは売買手数料が無料となっており、取扱い通貨数も6種類と比較的豊富であることが特徴です。

<ビットバンクの取扱い通貨(2018年5月現在)>
・ビットコイン(BTC)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・イーサリアム(ETH)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)

また、ビットバンクではコールドウォレットとマルチシグでの運用体制を発表していますので、セキュリティー面でも安全性の高い取引所といえます。

今後リップル(XRP)がビットフライヤー(bitFlyer)に上場する予定は?

現在のところビットフライヤー(bitFlyer)ではリップル(XRP)の取扱いを行っていません。しかし、過去にはリップルがビットフライヤーへ上場するのではないかという噂がありました。きっかけはビットフライヤーの代表取締役である加納裕三氏が2018年1月5日にTwitterへ投稿した内容です。


市場ではビットフライヤーへのリップルの上場が期待されていたこともあり、上記の加納氏のTwitter投稿を受けて「リップルがついにビットフライヤーへ上場するのでは!?」と噂されたのです。しかし、実際に上場したのはLISK(リスク)でした。
現在のところ、ビットフライヤーにリップルが上場するという公式情報はありませんが、今後に期待したいところです。

まとめ:リップル(XRP)はビットフライヤー以外の取引所で購入しましょう

ご紹介してきたように、2018年5月現在のところリップル(XRP)はビットフライヤー(bitFlyer)で購入することはできません。ビットフライヤー(bitFlyer)への上場が期待されるところですが公式発表もないため、リップル(XRP)を購入するためにはビットフライヤー(bitFlyer)以外の取引所を利用する必要があります。ご紹介した内容をご参考いただきながら、リップル(XRP)の購入や仮想通貨取引所の口座開設をすすめてみてください。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る