COIN TOKYO

  • 2018/06/12
  • コイン東京編集部

仮想通貨取引所クーコイン(Kucoin)がAIベースの取引所構築のためにハイパークオント社と提携

このエントリーをはてなブックマークに追加
香港に本拠を置くクーコインは、主要な仮想通貨取引所の1つでした。2017年9月設立後今年2月の時点で、24時間の取引量で1億5000万ドル以上を記録し、市場17番目の仮想通貨取引所に急成長していました。しかし、下落相場と取引所競争の激化により、現在では取引高3400万ドル、市場40番目に位置しています。クーコインは最近、機械学習を事業とするフィンテック企業との提携を発表しました。

ハイパークオント(HyperQuant)社との取組

革新的なFast Order Deliveryプロトコルに基づくフィンテックソフトウェアプラットフォームであるハイパークオント(HyperQuant)社と、仮想通貨取引所クーコイン(KuCoin)はパートナーシップを締結しました。ハイパークオントのチームは、新しい取引所のインフラストラクチャとAPIプロトコルの開発でクーコインをサポートします。

HyperQuantプラットフォーム内で、取引戦略と機械学習アルゴリズムのバックテストのためにクーコイン上の取引データを収集および分析することになります。

ハイパークオントのCEO、Pavel Pavchenko氏は次のように述べています;
「当社はクーコインの広大な取引所運営経験を、相互利益と長期的な協力のために共有できることに興奮しています。両社の協力によって、仮想通貨取引所上の取引アルゴリズムの開発が促進されて、顧客の利便性をさらに高めるでしょう。」

HyperQuantプラットフォームについて

ハイパークオントは、自動暗号資産管理、マーケットメイク、およびdAppの作成に特化したフィンテックソフトウェアプラットフォームです。最先端のAI、リスク管理、ブロックチェーン技術、および迅速な注文運用プロトコルに基づいています。同社のプラットフォームは、3つの主な特徴があります;

1、ハイパーファスト。プラットフォーム用の「迅速な注文運用プロトコル(Fast Order Delivery)は、同様のソリューションより数百倍も高速に動作します。膨大な数の仮想通貨取引所に基づいてサーバーコロケーションを追加することで、速度はさらに向上します。
2、ハイパースマート。プラットフォームのすべての機能は、累積された市場データで機械学習を通じて絶えず進化するAIによって管理されます。ハイパークオントは取引所を電子通信ネットワーク(ECN)に統合し、取引所間でのAIベースの自動取引の機会を提供します。
3、ハイパーセキュア。自動リスク管理システムはリスクを最小限に抑えます。透明性とセキュリティのために、取引のハッシュがブロックチェーンに書き込まれます。

仮想通貨取引所クーコインは、元来、革新性が評価されていました。豊富な仮想通貨の取り扱い、高性能エンジンの採用、独自の取引所トークンKCSに基づく配当など、独自の取組でユーザーを獲得していました。ハイパークオントとの協業によって新たな武器が備わる可能性があります。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る