COIN TOKYO

\818,026
BTC +0.07%
¥51,594
ETH +0.60%
¥50.42
XRP +0.00%
¥86,218
BCH -0.22%
  • 2018/06/17
  • コイン東京編集部

米投資企業のCEOがイーサリアムがビットコインよりも優れた仮想通貨投資先である理由を3つ上げる

このエントリーをはてなブックマークに追加
米投資企業BKCM LLCのCEOブライアン・ケリー氏は、イーサリアムがビットコインよりも優れた投資先であるとして、3つの理由を紹介しました。米証券取引委員会(SEC)がイーサリアムは有価証券ではないと宣言した同日、15日に放送された米CNBCの投資番組「Fast Money」で発言しました。

ブライアン・ケリー氏は金曜日、ファストマネー(Fast Money)で以下のように語りました。「(米国の音楽共有SNS)マイスペースはフェースブック以前に普及していましたが、現在は廃れています。だから、今日のビットコインのリーダーとしての地位は、10年または15年後も同じであるとは限りません。」

仮想通貨の次の主役は、分散型のブロックチェーンプラットフォームであるイーサリアムかもしれないとケリー氏は述べました。イーサリアムがビットコインと比較して加速した成長を見せる主な理由として以下の3点を挙げました。

1、イーサリアム先物

第1に、米証券取引委員会(SEC)がイーサリアムが有価証券ではないと公式に宣言した直後に、CBOE先物取引所のCEOクリス・コンキャノン氏は「イーサリアム先物の障害物が除去された」と発言しました。ケリー氏は「イーサリアムの先物はそう遠くない。CBOEはすでにイーサリアムのインデックスを持っています。」と述べました。ケリー氏はイーサリアム先物の誕生によって、新たに機関投資家の資金が流入すると考えています。

2、仮想通貨オーガー(REP)

第2に、ケリー氏はオーガープラットフォームを挙げています;
「オーガーは分散型の予測市場です。イーサリアム上の最も歴史のあるICOの一つで2、3年の開発を経てきました。重要なのは、オーガーはおそらくイーサリアム上で最大の分散型アプリケーションの1つだという事です。つまり、オーガーのシステムがダウンしなければ、それはイーサリアムにとってポジティブな状態を意味します。」

3、プルーフオブステーク(POS)

最後に、ケリー氏はイーサリアムのハードウェア・マイニングからソフトウェア・マイニングへのアップグレードが、仮想通貨の継続的な成長の原動力になると考えています。以下のように説明しました:
「イーサリアムはハードウェア・マイニングを要するプルーフオブワーク(POW)から、“プルーフオブワーク(POS)”に移行する予定です。これはソフトウェア・マイニングと同様です。」

イーサリアムの創設者であるヴィタリック・ブテリン氏は最近、イーサリアムのレイヤー1とレイヤー2の両方のソリューションによるスケーラビリティの向上によって、互いに相乗効果を発揮してシステムの処理量を増やし、最大10000倍の容量を拡大できると説明しました。同氏は以下のように言いました:
「シャーディングから100倍、プラズマから100倍の効果を得た場合、これらの2つは基本的に10,000倍のスケーラビリティの向上をもたらします。」

ケリー氏は今後数ヶ月でこのアップグレードが有効になり、イーサリアムに影響を与えると述べました。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る