COIN TOKYO

\823,251
BTC -0.28%
¥51,501
ETH -0.36%
¥50.29
XRP -0.19%
¥87,262
BCH -0.82%
  • 2018/06/18
  • コイン東京編集部

イギリス企業が仮想通貨マイニングのできる電動自転車を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
電動自転車メーカーである50cycles社は、世界発の仮想通貨をマイニングできる電動自転車を発表しました。新シリーズとして発売されるマイニングバイクの“Toba”は、1,000マイル(1600km)当たり約3000円相当の「Loyaltycoin」を生み出すことができると想定されています。

イギリスの会社が仮想通貨マイニング用の電動自転車を発表

2003年に設立された英国に本拠をおく50cycles社は、「先進的な電動自転車」のスペシャリストとして名を誇っています。この度同社が世界初として公開した自転車は、漕ぎながらマイニングできるというものでした。

同社の創設者兼CEOのスコット・スナイス氏は、「これは電動式自転車としてトークン化され、報酬を還元する初めての製品となる」とメディアに語りました。

スナイス氏は、自社について「常に最新技術を採用して時代を先取りする企業でありたい」とのビジョンを述べ、新技術に積極的に取り組んでいることを示しました。 15年前に東京で、世界で初めて発売された電動自転車に潜在的可能性を見出したのと同じように、これからは電動自転車にブロックチェーン技術、仮想通貨や製品トークン化の将来性を見出すことができると思います。」と述べています。

サイクリストは「Loyaltycoin」による報酬を受け取る

自転車の所有者は、どの仮想通貨をマイニングできるかについては選択ができず、50cycle社のウェブサイトで入手可能な商品と引き換えができるトークンである「Loyaltycoin」のみをマイニングすることが可能です。または、Loyaltycoinのプラットフォームを介し、流動性の高い仮想通貨に交換することもできます。

スナイス氏は次のように述べています。「現在、Loyaltycoinと提携し、ユーザーにマイニング報酬を与える予定ですが、いつか数千にものぼる仮想通貨の中の1つとしてToba自転車専用の独自の仮想通貨を作成するつもりでいます。ユーザーはこの将来の一旦を担ってくれる不可欠な顧客であるといえます。 」

Toba自転車のユーザーは、所有者証明として独自の秘密鍵を保持し、ユーザーはモバイルアプリを通じて生成されたLoyaltycoinトークンの数を日々確認することができます。尚、この電動自転車は今年9月に顧客に配達される見込みです。

革新的なマイニング実験

近年、仮想通貨をマイニングする目的のために再エネルギーを利用しようとする試みが増えているといいます。
昨年では、とあるTesla Sのオーナーが、GPUマイニングリグを車体に埋め込み、現金化するために無制限に過給できるプログラムをつくりました。プログラムはTelsaSとXモデルに適用可能だといいます。
また先月、ウェブメディアのMotherboardは、仮想通貨をマイニングすることにより発せられる熱を再利用し、浴槽の湯を沸かそうとした男性についてレポートしました。実験した男性は「非常に効果的だった」と述べ、「温度は一日中50度をキープし続けた」といいます。さまざまな試しみの中で実用化でき、社会に普及する製品が出てくる日も近いかもしれません。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る