COIN TOKYO

¥637,619
BTC -0.07%
¥20,374
ETH -0.09%
¥54.11
XRP -0.30%
¥47,556
BCH -0.40%
  • 2018/06/22
  • コイン東京編集部

仮想通貨エニグマ(Enigma)がインテルとの提携を発表!ENGの価格が急上昇

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨エニグマ(Enigma/ENG)の価格は、同社がプライバシー保護のコンピューティング技術の開発でインテル(Intel)と提携するという報道受け、急上昇しました。

仮想通貨ポータルサイト「CoinMarketCap」によると、このプライバシーを重視するアルトコインの価格は今日1日で1.39ドルから1.65ドルに上昇し、この1週間では最高の値動きを見せました。2週間前に記録した2.16ドルに近づいています。

出典:CoinMarketCap

エニグマの価格は、2015年5月に3.17ドルに達した後、5月下旬から2ドル台を割り込んだ。2010年1月に最高値8.04ドルを記録して以降、長く苦戦が続いている。

仮想通貨エニグマ(Enigma/ENG)はインテルと提携しプライバシー・ソリューションを開発

エニグマの創設者兼CEOであるGuy Zyskind氏は、インテルと提携してプライバシー保護技術を開発中であると自身のMediumブログで明らかにしました。 エニグマは、計算中のデータを保護することができるインテル・ソフトウェア・ガード・エクステンションズ(SGX)を採用する予定です。

Zyskind氏は、両社が協力し、ブロックチェーンが直面しているプライバシー、セキュリティ、およびスケーラビリティの問題を解決しようとしていると述べています。

インテルのソフトウエア・サービス・グループ担当副社長兼プラットフォーム・セキュリティ部門ゼネラルマネジャーであるRich Echevarria氏は、自身のブログで今週イスラエル・サイバーウィークにおいて発表予定の3つのテーマを挙げています。

1つ目は、より多くのデータを分析して保護するワークロードの出現です。ブロックチェーンではデータのプライバシーとセキュリティは重要な懸念事項であり、Echevarria氏はそれにスケーラビリティを加えています。インテルのテクノロジーは、SGXがハードウェアに提供する優れたデータ保護の実行環境によって、こうした課題を改善することができます。

2つ目のテーマは人工知能(AI)のセキュリティです。これには、高度な攻撃を検出するために使用されるIAのセキュリティのためのAIやデータ、アルゴリズム、パラメータなどが含まれます。

3つ目のテーマは、ビジネスプロセスの改善を約束するブロックチェーンのセキュリティです。インテルのテクノロジーは、分散型元帳ネットワークのプライバシー、スケーラビリティ、セキュリティを向上させることができるとEchevarria氏は述べています。

Echevarria氏によると、エニグマはSGXを使って情報保護とデータ計算を同時に行うユニークなプロトコルを開発しました。この機能は、イーサリアム・スマートコントラクトに統合される予定です。

仮想通貨エニグマ(Enigma/ENG)のセキュリティ

エニグマは、2016年12月に非公開で安全で追跡不可能な分散型トランザクションのプロバイダーとして発表されました、昨年8月に予定されていたICOの前にハッキングされ、1,500ETH(当時の価格で50,000ドル相当)を奪われました。

エニグマの広報担当者によると、このハッキングはチームアカウントのパスワード侵害によって発生しましたが、トークンのウェブサイトは別のサーバー上にあったため侵害されませんでした。このハッキングの後、エニグマは二要素認証などのセキュリティ対策を実装しました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る