COIN TOKYO

¥753,460
BTC -0.13%
¥27,528
ETH +0.38%
¥64.43
XRP +0.56%
¥55,136
BCH +0.62%
  • 2018/06/24
  • コイン東京編集部

資産継承プロジェクト「セーフヘイブン」が仮想通貨ヴィチェーン(Vechain/VEN)のブロックチェーンでICO開設

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨ヴィチェーン(VEN:VeChain)はセーフヘイブン(Safe Haven)がVeChainThorブロックチェーンに参加すると発表しました。6月30日のヴィチェーンメインネット開設後、セーフヘイブンはVeChainThorブロックチェーン上でICOを開設します。

セーフヘイブンプロジェクトは、セキュリティと継続性に重点を置いて様々な市場の事業者向けに資産管理ソリューションを構築しています。彼らのソリューションは、銀行口座、暗号資産、パスワード、ソーシャルメディアアカウントを管理します。

セーフヘイブンは資産分与のブロックチェーン

セーフヘイブンはThorプロトコルに基づいて構築され、スマートコントラクトを使用して、ユーザー(以下イニシエータ)が指定したステークホルダーに任意の資産を配分でき、条件が満たされたときに分配されます。

さらにチームは法人組織(バリデータ)のマーケットプレイスTrusted Network Alliance(TAN)という別のブロックチェーンを設計しています。ここでバリデータは、セーフヘイブンプラットフォームのメンバーにサービスを提供したり、法的情報を公開したり、共有できます。

セーフヘイブンプラットフォーム自体は資産を配布する目的のものですが、スマートコントラクト条件と配布手順を管理するために、すべての製品にTANのバリデータをオプションで含めることが可能です。セーフヘイブンのソリューションを使えば、資産を親族に付与することを希望するイニシエータに、バリデータ(法的組織)がより良い指導を提供できます。

世界が資産と所有物のデジタル化に向かって動いているので、セーフヘイブンのようなプロジェクトの存在には必然性があります。創設者のユルゲン・ショウペ氏は、ブログ記事に以下のように記載しています;
「仮想通貨を私の家族の日常生活に落とし込んで考えたとき、私の遺産がすんなり引き継がれないと気づきました。私がペーパーウォレットを作り、家が燃えると、すべて消失します。取引所に預けて、ハッキングされればすべてを失います。秘密鍵を紛失した場合、資産はすべて失われます。世界で最も容赦のない状況に直面して私の資産の安全を保証する方法はありません。」

プロジェクトがデジタル資産を安全に引き継ぐために使用する4つの製品は以下のとおりです。

・ファミリーサークルプラン:指定日の資産の継承
・事業継続計画:イベントや成果に基づく権限、資産、所有権の分配
・投資サークル:グループファンドの管理
・セーフヘイブン金庫:指定された個人にデジタルデータを配布する


セーフヘイブンプラットフォームのアルファ版は、VeChainThorブロックチェーンのメインネットリリース後に開始される予定です。

仮想通貨ヴィチェーン(Vechain/VEN)の事業戦略

セーフヘイブンと協力することは、ヴィチェーンプロジェクトの一つの肯定的な側面です。これまで彼らは多くの企業と提携し、ユースケースを示してサプライチェーン業界に革新をもたらしてきました。しかし、副次的な目的としてヴィチェーンはエコシステムを拡大し、外部チームを自身のブロックチェーンプラットフォームに誘致することに重点を置いてきました。

より多くのプロジェクトをエコシステムに引き込みたいという狙いは、ホワイトペーパーに記載されています。主なテーマの1つとして、企業が成長するためのコラボレーションによるエコシステムの形成を挙げています。

ヴィチェーンはプラットフォームで設立されたプロジェクトがうまくいく場合、大きなメリットがあります。VeChainThorブロックチェーンを利用する他のプロジェクトを誘致し、スノーボール効果につながる可能性があります。

ヴィチェーンメインネット開設が近づいてますが、最近のツイートでCEOのSunny Lu氏は、リリースまでの間に致命的なバグは見つかっていないと述べました。


「求ム、 ヴィチェーンコミュニティの技術力!これまでのところ、ほんのわずかなバグしか見つかっていません。致命的なものはゼロです。皆さんの真剣な助けが一層求められまう。私はバグハントの報奨金を倍増させます。」

ヴィチェーンのメインネットは6月30日にリリースされる予定です。順当に開設されれば、投資家はサプライチェーン業界を革新するだけでなく、新生プロジェクトがエコシステム内の他の組織と協力できる信頼性の高いプラットフォームを設計するブロックチェーンアプリケーションを見ることになるでしょう。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る