COIN TOKYO

\824,424
BTC -0.09%
¥51,582
ETH -0.03%
¥50.30
XRP -0.14%
¥87,532
BCH -0.38%
  • 2018/06/30
  • コイン東京編集部

リップル(XRP)は今年5月の底値を更新、今後も価格は下がるのか?-6月29日チャート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨リップル(XRP)のチャートでは下落が続いており、本日6月29日には今年5月につけた底値価格を更新することになりました。6月より下落が続いているリップルは今後どこまで下がってしまうのでしょうか?チャートをみていきます。

チャネルラインを完全にぬけた仮想通貨リップル(XRP)は更なる下落の可能性を高める結果に

XRP/BTCの2時間足チャートをみていきます。6月24日より複数回サポートラインに接触したXRPは遂にサポートラインをブレイク、6月27日には価格を0.0000743BTC台にまで下げました。その後6月27日から28日にかけて価格を回復させていくXRPでしたが、4月20日以降のチャネルラインに反発され、本日6月29日には更に下落、価格を0.0000725BTC台まで落とします。6月27日以降、4月20日からのチャネルラインを完全に抜けてしまったXRPは今後0.000070BTC台まで下げる可能性を高めることになりました。

次にXRP/BTCの日足チャートをみていきます。日足チャートでは4月20日からの下降トレンドラインからなる下降三角形型のペナントパターンが形成しつつありましたが、6月25日にはサポートラインである0.0000768BTC台を割る形となりました。現在のXRPの価格は0.0000731BTC台です。これまでのチャネルラインから完全に脱してしまい、更にサポートラインであった0.0000768BTC台で抑えられてしまったXRPはこれまでのチャネルラインの値幅と同価格下がる可能性を生みました。このことによりXRPは今後0.000070BTC台まで下がる可能性が生まれます。この0.000070BTC台という価格は一つの節目の価格でもあり、2018年3月末から4月頭にかけて長くサポートラインとして機能してきた価格帯にもあたります。

下落の可能性が高まっている仮想通貨リップルだが、チャネルライン突破次第では上昇方向への値動きの可能性も上がる

XRP/BTCの4時間足チャートをみていきます。今後のXRPの値動きを上方向の可能性で考えた場合、まずは本日から明日6月30日で考えると0.0000757BTC~0.0000758BTC台を突破できるかどうかに注目しましょう。更にそのまま0.0000768BTC台も突破することができれば大きな上昇が見込まれます。しかし反発を受けた場合でも0.0000757BTC~0.0000758BTC台がサポートラインとして機能した場合、しっかりとした下支えを作ったXRPにとって大きな上昇の期待が高まることになります。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る