COIN TOKYO

¥755,408
BTC +0.27%
¥27,531
ETH +0.53%
¥64.25
XRP +0.39%
¥55,092
BCH +0.49%
  • 2018/06/30
  • コイン東京編集部

70%のICOトークンが取引所に上場されていない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
「バイナンスの上場はいつになる?」というのは、テレグラムのICOグループで辛抱強いトークン所有者が口を揃えて言うセリフです。投資家がICOトークンを購入して価格の上昇を望むなら、主要な取引所への上場は大きなイベントであり、早ければ早いほど良いでしょう。しかしプロジェクトチームにとっては、取引所の上場は最優先事項ではありません。それはまた非常に高額です。

トークンの作成は簡単だが、上場は困難

現在、世界中で仮想通貨取引所の数は250を超えており、新しいICOトークン全てが上場されるには十分な市場があるはずです。しかし、人気のある取引所は限られており、莫大な費用を払わずにそうした取引所への上場を獲得することはほとんど不可能です。価値を下落させたくないICOチームには、流動性の低いDEX(分散型取引所)へ上場させる手段が残っています。最近のICOrating.comの調査では、評判の良い取引所にトークンを上場させる事がいかに困難かが示されています。これは上場手数料の問題だけではありません。

一つには、プロジェクトは最初にICOを成功裏に完了している必要があります。ICO時にトークンが売り切れなかった場合、残りがバーンされても、流通市場でのトークンに対する需要は低くなり、取引所が関心を持つことはほとんどありません。ICOratingは、今年の第1四半期に完了したICOのわずか22%が、そのトークンを上場することができたと報告しています。この数字は前四半期の10%減となりました。この主要因は、今年第1四半期の全ICOの半数が10万ドル未満になったことに起因するでしょう。

上場手数料は多岐に渡る

目標のハードキャップに達しなかったプロジェクトのほとんどは取引所に上場できません。一方で、成功したとしてもその上場手数料の高さに躊躇するかもしれません。取引所の手数料のレンジは膨大なものです。下は約10万ドルから、最大で最も流動性のある取引所への上場には300万ドルにも及びます(バイナンスは場合によって、700万ドルを請求していると言われています)。公平に仮想通貨取引所の立場を考慮しても、多くのトレーダーが考えるほど取引所へのトークン上場は簡単な事ではありません。

取引所にとって、トークンを上場させる前に実行しなければならない多くのタスクの中に、プロジェクトが詐欺ではないことを保証するために必要なデューデリジェンスがあります。後でトークンが詐欺であることが判明した場合、プラットフォームの評判に影響を及ぼすリスクがあります。仮想通貨セントラ(CTR:Centra)が詐欺だと判明した際には、クーコインとバイナンスは急いで上場廃止しました。ICOratingによると、様々なセキュリティチェックやその他の管理タスクを実行するのに必要なプロセスを経て、ICOトークンが取引を開始されるまでに平均21日かかります。一部の取引所はさらに、トークンのスマートコントラクトのバグをチェックしていると主張しています。

取引所は常に信頼できるとは限らない

取引所への上場を確保したとしても、それは必ずしもICOトークンの船出ではありません。過去に警告なしでトークンが上場廃止される前例もありました。規制上の圧力がかかる可能性があります。特定のトークンが有価証券とみなされる危険性があると噂が立った場合、取引所は慌てて安全のためにそれを上場廃止する場合があります。急いで上場したトークンは急上昇と急下落を経験してその後しばらく放棄されても、数ヶ月後にはまた打ち上げられるでしょう。しかし、ICOプロジェクトの多くはベータ版を開設する前段階で、トークンの上場を躊躇しても不思議ではありません。

取引所への上場には多くの問題がつきまといます。選択してか必然か、今年のICOトークンの70%がまだ取引上に上場していません。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る