COIN TOKYO

\818,400
BTC +0.09%
¥51,613
ETH +0.61%
¥50.44
XRP +0.01%
¥86,233
BCH -0.23%
  • 2018/07/01
  • コイン東京編集部

ビットコイン(BTC)は価格を急上昇させる、今後トレンド転換となるのか?-6月30日チャート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
これまで下落チャートが続いていた仮想通貨ビットコイン(BTC)は本日6月30日、大陽線を形成し大きな上昇をみせました。急上昇のチャートではこれまで突破に失敗を続けてきたレジスタンスラインをも超える勢いとなっています。ビットコインは今回の急上昇から上昇トレンドへの転換となるのでしょうか?チャートをみていきます。

仮想通貨ビットコイン(BTC)は久々の急上昇、レジスタンスラインも抜ける勢い

BTC/JPYの2時間足チャートをみていきます。これまで下落チャートを継続してきたBTCでしたが、本日6月30日に大陽線を形成し急上昇を果たしました。更に今回の急上昇では6月23日より突破を目指してきたレジスタンスラインである68万円台を抜け、一時72万円台にまで急上昇しました。現在は72万円台接触後、反落は起きていますが、現在のところ大きな反落は無く、70万円台で値動きをしています。今回の急上昇は結果200日移動平均線の価格帯で上昇を止めたことになります。またこれまでと比較して出来高も十分に取れた上昇といえるでしょう。前日6月29日では今年最底値価格に接触したBTCでしたが、出来高はこれまでと比較しても非常に小さいローソク足を形成しました。その直後の大陽線形成となったBTCです。このことによりBTCでは大口取引者による大量買い注文が出現したと予測できます。一時的な急上昇なのか、上昇トレンド転換の兆しになるか、重要となるのはこれまでレジスタンスラインであった68万円台がサポートラインに切り替わっているかということになります。65万円台から72万円台へと大きな上昇をみせたBTCにとって、今後の値動きとして一時下方向への値動きの可能性が高まります。下落した場合でも68万円台でしっかり下支えされた場合、BTCにとって今後の上昇の下支えとなると市場で判断されやすくなるでしょう。

BTC/JPYの4時間足チャートをみていきます。本日の急上昇により6月23日以降のレジスタンスライン、またチャネルラインも抜けたBTCです。出来高も高く伴った上昇をみせたBTCにとって今後は反落されてもしっかりと下支えできるかという点になります。今後のBTCにとって現在の価格から大きく下がっても68万円台で下支えされることが上昇へのポイントとなりそうです。今後BTCが大きく上昇した場合、次に意識される価格帯は75万円台となります。仮に68万円台を再び割れた場合、そのまま64万円台まで大きく下落する可能性もあるため注意は必要でしょう。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る