COIN TOKYO

¥753,460
BTC -0.13%
¥27,528
ETH +0.38%
¥64.43
XRP +0.56%
¥55,136
BCH +0.62%
  • 2018/07/02
  • コイン東京編集部

イーサリアム(ETH)は徐々に下値を切り上げてきている、今後大きな上昇がみられるのか?-7月2日チャート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
これまで長く下落傾向となっている仮想通貨イーサリアム(ETH)、6月30日には底値を更新しています。しかし7月に入り、イーサリアムの下落は止まりました。更にチャートからは徐々に下値を切り上げてきている様子も見受けられます。今後イーサリアムは大きな上昇をみせることができるのでしょうか?チャートをみていきます。

仮想通貨イーサリアム(ETH)は底値更新後、徐々に下値を切り上げてきているチャートに

ETH/BTCの2時間足チャートをみていきます。6月30日まで下落を続けてきたETHは6月30日に0.0700BTC台を割る0.0684BTC台まで価格を落とし、底値を更新させました。底値更新後のETHはレンジ相場へと切り替わります。一目均衡表の雲が上から覆いかぶさる形にもなり、ETHは上昇しづらい状況とはなりましたが7月2日の値動きでは一目均衡表雲の影響を受けることなく0.0710BTC台で値動きを継続させています。更にETHチャートでは底値更新後、徐々に下値を切り上げてきていることがわかります。対して上値も切り下げる値動きをみせていますが、下値と比較すると非常に緩やかだということがわかります。

ローソク足の収束が始まっている仮想通貨イーサリアム(ETH)の最初の目標価格帯は0.0721BTC台

ETH/BTCの4時間足チャートをみていきます。6月30日の底値更新後、大きく下値を切り上げてきているETH、現在のラインに沿った値動きが継続する場合、ETHは日が変わる7月3日には大きな動きをみせる可能性が高まっています。今後大きな上昇をみせた場合、ETHにとってまず目標となる価格帯は6月28日から29日に反発されてしまった0.0721BTC台ということになります。今後の0.0721BTC台周辺には一目均衡表雲も存在し、強い上抑えとして機能する可能性はあります。

仮想通貨イーサリアム(ETH)は大きく上昇することができるのか?

これまで長く下落チャートを続けてきたイーサリアムでしたが、6月30日の底値更新後のチャートにて下値を大きく切り上げているという点、底値更新時の出来高が非常に高いという点より、明日7月3日には大きく上昇するチャンスが巡ってきていると考えられます。大きく上昇をみせた場合、最初に意識する価格帯は6月28日~29日につけた0.0721BTC台となるでしょう。逆に下方向に値動きをみせた場合、意識される価格帯は引き続き底値である0.0684BTC台となります。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る