COIN TOKYO

\824,038
BTC -0.11%
¥51,677
ETH +0.25%
¥50.34
XRP -0.06%
¥87,574
BCH -0.24%
  • 2018/07/04
  • コイン東京編集部

アメリカSECがブロックチェーン企業の株式を不法に売却した2名を告訴

このエントリーをはてなブックマークに追加
7月2日、米証券取引委員会(SEC)は弁護士とその所属事務所のマネージャーを、ブロックチェーン関連事業を主張する企業の株式を不法に売却して利益を得ていた容疑で告訴しました。株式を売却した期間は昨年末から今年初めにかけてです。SECは2名を遡って告訴しました。

有価証券発行届出書に反した売却

SECのリリースによると、「弁護士T.J. Jeskyと所属する法律事務所のマネージャーMark F. DeStefanoは、2017年12月26日から2018年1月5日までにUBIブロックチェーンインターネット社(UBIAE:US)の株式を売却して約140万ドルの利益を得た」、と主張しています。SECへの提出書類が不正確であったことや“異常で、不明瞭な市場活動”への懸念から、現在、UBI株式の取引は差し止められています。

SEC執行部サイバー・ユニットのチーフ、ロバート・コーエン氏は、「SECはこれまで個人投資家に対して、突然ブロックチェーン事業を主張する企業の株式購入について警告してきました。この告発はその代表例です。この件は、株式取引の停止と不正な制限株式の保有の2つのリスクを含みます。被告は有価証券発行届出書に反した売却により、劇的な価格上昇から利益を得ようとしました。」と述べています。

リリースによると、2017年10月にネバダ州の弁護士JeskyとマネージャーDeStefanoは、3.7ドルの固定価格で株式を売却することが認められた届出書の下でUBIブロックチェーンインターネット社の株式72,000株を取得しました。その後UBI株式の異常な急騰時に、より高い市場価格(21.12ドルから48.40ドル)で株式を不法に売却したと主張されています。

SECはJeskyとDeStefanoを連邦証券法の登録規定に違反した容疑でニューヨーク連邦裁判所に告訴しました。両者は140万ドルの返還、188,682ドルの罰金、終局的差止め命令に合意しました。しかし、現時点で彼らは不法な株式売却に関与したという主張を否定も肯定もしていません。

調査は小型株詐欺タスクフォースとサイバーユニットによって調整されています。この訴訟は、SECが管轄とするブロックチェーンと仮想通貨に関連する犯罪で最新の事例です。政府規制当局は今年、80以上の仮想通貨企業に召喚状を出し、複数のICO開設者を詐欺として検挙しました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る