COIN TOKYO

\824,424
BTC -0.09%
¥51,582
ETH -0.03%
¥50.30
XRP -0.14%
¥87,532
BCH -0.38%
  • 2018/07/04
  • コイン東京編集部

バイナンス取引所が全取引を緊急停止!直前に仮想通貨シスコイン(SYS)の取引量が200倍増加していた

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨取引所バイナンスは、日本時間4日午前9時から全サービスを停止しています。
その数時間前に、プラットフォーム上の1つのトークンで不規則な取引が報告されていました。

日本時間4日午前6時:仮想通貨シスコイン(SYS)のアナウンス

システムの異変に気づいた仮想通貨シスコイン(SYS)チームは、日本時間4日午前6時過ぎ、ツイッターで複数の取引所にSYSトークンの取引を中断するように依頼しました。同プロジェクトは、「異常なブロックチェーンの動きを伴う奇妙な取引活動」を発見したことを表明しました。

シスコイン(SYS)はまだ調査の詳細を明らかにしていませんが、この問題はバイナンスのSYS市場で異常な取引を引き起こしたと見られ、3日(UTC世界標準時)SYSトークン全体の総取引量の87%がバイナンスで発生しました。

バイナンスでシスコインが2,538億円取引され、全体の87%を占めた *UTC時間なので、日本と-9時間の差があります。(出展:CMC)

バイナンス上の取引データによると、ビットコイン(BTC)に対するシスコイン(SYS)の価格は、前日まで平均約0.00004 BTCだったのに対して最高96.0 BTC(午前5:43)で取引されました。さらに日本時間5:18~7:00の間に通常より数倍大きい取引量と価格で取引された結果、サービス停止時点の24時間取引高は約35,515BTC(バイナンスでトップ)に至りました。

コインマーケットキャップによると、3日(UTC)のシスコインの市場全体の取引額は2億6000万ドルで、2日の133万ドルに対し約200倍に増加しました。

シスコインの取引量が前日比約200倍を記録 *UTC時間なので、日本と-9時間の差があります。(出展:CMC)

シスコインの創設者セバスティアン・ディミシェレ氏は、「シスコインは96 BTCで取引されました。我々はボットの大規模な活動を確認して、コミュニティはバイナンスの預金に問題があると知らせてくれました。」と述べています。

日本時間午前9時:バイナンス取引所のサービス停止

バイナンスは日本時間午前9時に“システムメンテナンス”のために、プラットフォームのすべての取引サービスを停止したとのブログ記事を発表しました。「取引、出金などのアカウント機能は中断される」と述べました。

バイナンスは、シスコインの報告との関連性について言及していません。しかし、午前10時のブログ記事で、システムメンテナンスはプラットフォーム上で起きた「不規則な取引」に対処するためだと公表しました。

バイナンスは、「一部のAPIで不規則な取引が発生するため、既存のすべてのAPIキーを事前予防的な処置として削除します。すべてのAPIユーザーはAPIキーを再作成してください。」と記載しました。

日本時間12時;バイナンスCEO「Funds are safe.」

バイナンスCEOのCZ氏はツイッターで「資産は安全だ」と発表しました。シスコインチームは、発生した不規則な活動について調査した上で、明日詳細を報告すると述べています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る