COIN TOKYO

¥714,194
BTC +0.18%
¥23,467
ETH +0.22%
¥35.77
XRP +1.04%
¥48,817
BCH +0.45%
  • 2018/07/07
  • コイン東京編集部

1,000万人が利用する取引所バイナンスが通期の利益予想を10億ドルと公表

このエントリーをはてなブックマークに追加
今年の仮想通貨市場は弱気相場によって、全体の時価総額で数十兆円の損失に悩まされてきました。しかし、世界最大の仮想通貨取引所は依然として利益を確保しています。

ブルームバーグによると、仮想通貨取引所バイナンスCEOのジャオ・チャンポン氏(以下CZ)は今年上半期の売上高が約3億ドルで、2018年通期の純利益予想は5億ドルから10億ドルであると明らかにしました。取引所バイナンスの1日の平均売上高は約15億ドルで、現在は1,000万人のユーザーを抱えているという。

急速な成長を踏まえてバイナンスは、ウガンダ、バミューダ諸島、マルタ共和国に拠点を構え、ユーロを含む法定通貨での仮想通貨取引を間もなく顧客に提供する予定です。

バイナンス利益の過去の推移

バイナンスは、ICOで1,500万ドルを調達して2017年7月に設立されました。発足から最初の四半期で利益は750万ドルを記録し、第2四半期目の利益は2億ドルに到達しました。市場の熱狂がピークを迎えた昨年12月には、1日に110億ドルもの取引を処理しており、2018年初めに200万人のユーザーを抱えていました。

市場が大きく下落した2018年の第1四半期(1月~3月)でさえも、前期と同水準となる2億ドルの利益を維持しました。また、同期に欧州の主要金融機関の1つドイツ銀行が報告した利益額;1億4600万ドルを上回っていたため、話題となりました。

コインマーケットキャップによると、バイナンスは過去24時間取引高が1395億円を上回り、市場でトップにランクしています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る