COIN TOKYO

¥712,797
BTC -0.05%
¥23,443
ETH +0.41%
¥35.61
XRP +0.76%
¥48,583
BCH +0.19%
  • 2018/07/07
  • コイン東京編集部

すべて分かったらあなたは仮想通貨マスター!? 仮想通貨にまつわる最新スラング15用語

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事では、最も頻繁に使用される仮想通貨のスラング用語とフレーズを紹介します。時々ニュースにもちりばめられている用語があるので、知識として訳にたつ日がくるかもしれません。

マイニング
マイニングは仮想通貨ビジネスの本質です。これは、ソフトウェアを使用して暗号問題を解くことにより、新しいデジタルコインを獲得することを意味します。

Satoshi
Satoshiは、ビットコイン構造の中で最小の単位です。Satoshiにおけるビットコインの価値は1億分の1です。名前の由来は、ビットコインを発明したとされる伝説の人物であるSatoshi Nakamotoにちなんで付けられました。

All-TimeHigh(ATH=高値掴み)
オール・タイム・ハイは、デジタル通貨の一番の高値を表す時に使用されるフレーズです。これは、デジタル通貨が多くの投資家にとって非常に興味を集める事になるときですが、このタイミングで購入するのは間違いだといえます。

クジラ(Whales)
クジラはすべての仮想通貨投資家の中で最も成功している人達です。彼らはかなりの数のビットコインや他のデジタル通貨を保有しているため、市場全体に影響を与えるほどの力を持っています。彼らは1回の取引で数十の通貨を売買することができる為、通貨の価格を大幅に上げ下げさせ混乱をしばし起こさせる原因となります。

DYOR( Do Your Own Research)
DYORは、最も普及している仮想通貨の頭字語の1つです。市場について賢明に話している人の話を聞くことは良いことですが、全ての投資家は具体的な動きをする前にDYOR=まず自分で調べる必要があります。

FOMO(Fear of Missing Out)
FOMOは、情報を見逃してしまうかもしれないことの恐れを意味します。それは、大抵人々が高値でコインを購入してしまう時に発生します。なぜなら、仮想通貨の世界で次なる大きなものを逃してしまうのを恐れているからです。

Airdrop(エアドロップ)
Airdropは、ICOの初期段階でのトークンを無償で配布することを意味します。

Buying the Dip(底値拾い)
これは、価格が下がったときに通貨を購入することを意味します。時々All-Time highの高値に投資する時もありますが、Dip=下がっているときに通貨を購入することは長期的にみてはるかに魅力的です。

Rekt
投資家が、価格が急騰する直前に通貨を売るなど惜しい行動をとる時に、「彼らはrektを得た」と言います。これはwrecked=(船が難破した、車両が大破した)等の語源から由来がきています。

FUD (Fear, Uncertainty, and Doubt)
FUDは、恐怖、不確実性、および疑念を表す仮想通貨の略語です。一部のトレーダーは、これを戦術として使用し、大掛かりな急落のパニックを引き起こし、通貨の価格を下げることによって利益を得ています。

OCD (Obsessive Cryptocurrency Disorder)
OCDは、仮想通貨に取りつかれたような人の事を指します。ビットコインの所有者の中には、価格の変化を執拗にくまなくチェックし、最新の仮想通貨のニュースを24時間中常に追いかけている人もいます。

Lambo
Lamboとは、ほとんどの投資家にとって手に届かないけれども目標となるステータスシンボルです。(ランボルギーニが手に入るほど仮想通貨で稼いで成功した人の事を指す。)これは、自動車業界の、仮想通貨の投資に参入したすべての人々がすぐにランボルギーニを購入できると信じさせる産業基準でもあります。

To the Moon
To the MoonはAll time Highに似ています。この言葉は仮想通貨が高値に達していることを説明するステートメントです。一部の投資家は「いつがMoonか?」と尋ね合い、自身の通貨を売るタイミングを計ります。

Pump and Dump(パンプ & ダンプ)
ある投資家のグループは、オンライン誇大広告を作成し、通貨の価値を高めるために共謀することがあります。これによって彼らは人為的に価格を高め、最高値に達すると通貨を売り抜けます。これは全く倫理的な戦術ではありませんが、FOMOの心理的効果を巧みに操るため、見極める力が必要です。

Nocoiner
ノーコイナーはビットコインを所有していない人達全般の事を指します。しかしこの用語は一般的に、デジタル通貨の本当の価値を信じていない仮想通貨に対する悲観主義者や懐疑主義者を表すために使用されています。

Shitcoin
Shitcoinは何の強みもユーティリティもない弱小トークンです。この種のコインは通常、ポンプアンドダンプスキームによって価格を吊り上げたいだけのために利用されます。

まとめ

仮想通貨投資における優れたステークホルダーになりたい場合は、市場関連の言語を学ぶ必要があります。これには標準的な用語や表現だけでなく、仮想通貨取引業者が一般的に使用するスラングも含まれます。 この記事では、lambo、fomo、altcoinなど多くの表現を説明しました。また有用なスラングが出てきた場合には、より詳しくお伝えしようと思います。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る