COIN TOKYO

¥372,951
BTC +0.52%
¥9,862
ETH +0.51%
¥33.08
XRP +0.70%
¥8,544
BCH +0.61%
  • 2018/07/10
  • コイン東京編集部

世界最大の銀行、中国ICBCが金融機能を改善するブロックチェーン技術の特許出願

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界最大の商業銀行が顧客サービスを効率化するためにブロックチェーン技術を検討しています。金融資産の変換を目的としたブロックチェーンプラットフォームの概要を説明した中国工商銀行(ICBC)の特許出願の内容が公開されました。申請書は1月に提出され、7月6日に公開されました。

資産額4兆ドルで第一位の商業銀行

中国工商銀行(Industrial & Commercial Bank of China:ICBC)は、S&P グローバル・マーケット・インテリジェンスが発行した「世界の銀行ランキング2017」において、資産額4兆ドルで第一位にランクした世界最大の金融機関の1つです。

中国工商銀行(ICBC)が特許出願中のブロックチェーンプラットフォームは、「仲介者を取り除き、国境を越えた送金のスピードを高め、金融資産の流動性を向上させることによって」、現在のシステムの効率を向上させることを目的としています。

文書によると、参加者が取引を要求するとスマートコントラクトがネットワーク内のすべてのノードの情報に基づいてそれを検証する仕組みです―買い手/売り手のID、残高、取引金額、取引回数、商品IDなど。銀行が事前に設定した数のノードがトランザクションを承認したら完了と見なされます。

この特許出願では、中央集中型与信システムを中心に構築された現在の取引プロセスでは、「コストが高く、実行効率が低く、システムの信頼性が低く、柔軟性が低く、財務の急速な流通の必要性を満たしていない」と述べています。

ICBCの新しいブロックチェーンプラットフォームは、ブロックチェーン技術が銀行業界でどのように使用されるか、そして顧客サービス全体を大幅に改善する方法について期待されています。特許出願でICBCは次のように述べています;
「顧客中心の金融商品の開発を促進するだけでなく、顧客の金融取引チャネルをさらに広げるために、オープンで均等で効率的な金融商品取引システムを提供する。...そして新たな可能性をもたらす。」

中国政府のブロックチェーン開発への姿勢

中国はこれまでも仮想通貨とブロックチェーン技術の研究について報じられてきました。3月には、中国の工業情報化部が国内でブロックチェーン技術を標準化するための枠組みを考案するための研究を開始しました。3月末には、中国メディアsina.comが法定通貨を発行しているCBPMCの関連企業に取材し、国家的な仮想通貨を開発しようとする中国政府の前向きな姿勢が明らかになりました。5月には、中国工信部(MIIT)傘下のシンクタンクである中国電子情報産業発展研究院(CCID)が仮想通貨の格付について月次発表を開始しています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る