COIN TOKYO

¥363,079
BTC -0.58%
¥9,473
ETH -0.55%
¥32.38
XRP -0.54%
¥7,831
BCH -1.15%
  • 2018/07/13
  • コイン東京編集部

ライトコインとビットコインキャッシュがアメリカ大手の「ロビンフッドクリプト」に上場

このエントリーをはてなブックマークに追加
アメリカのロビンフッド社は、2018年2月に開始した仮想通貨取引プラットフォーム「ロビンフッドクリプト」にライトコイン(LTC)とビットコインキャッシュ(BCH)を追加しました。現在、同社のモバイルアプリは米国17州で利用でき、ユーザーはビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)を加えた4種類の仮想通貨を米ドルで売買できます。

過去数ヶ月に100万人以上の登録者

米国の大手株式取引アプリを提供するロビンフッド社は、推定56億ドルと評価され、コインベース(80億ドル)に次いで世界で2番目に評価額が高い非上場取引会社です。株式、ETF、オプションを簡単に取引できるモバイルアプリと手数料無料モデル(一部有料)が、若者に支持されて顧客口座は400万を超えています。

2018年2月に同社が開設したロビンフッドクリプトは取引手数料が完全に無料で、銀行口座を介して米ドルで仮想通貨を売買できます。過去数ヶ月に100万人以上の暗号ユーザーを獲得しました。6月にロブンフッド社のCEO Vlad Tenev氏は、仮想通貨事業は他の市場へのゲートウェイであるため、ゼロ収益モデルで運営を続ける方針だと話していました。

通常の仮想通貨取引所では、流動性の課題のために常にスプレッドが発生します。1つのビットコインを購入し、1つのビットコインを売却する場合、注文板の2つの価格の間に小さなギャップが存在します。しかし、同社は他の取引所とのブローカー(仲介者)として機能するため、このスプレッドが発生しないという。

このためロビンフッドクリプトは、米国で2000万人超の顧客を有する仮想通貨取引所コインベースを脅かすだろうと予想されています。同アプリのユーザーエクスペリエンスの水準はコインベースの主要製品やサークル社のアプリと競合します。

ロビンフッドクリプトを開設するため、Robinhood Financial LLCは子会社Robinhood Cryptoを設立しました。子会社は規制当局(FINRA)のブローカーディーラー(法律上の証券会社)に準拠しないため、サービスは現在米国17州で利用できます。共同CEOのBaiju Bhatt氏によると、2018年末までに全米での利用を目指しています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る