COIN TOKYO

¥637,619
BTC -0.07%
¥20,374
ETH -0.09%
¥54.11
XRP -0.30%
¥47,556
BCH -0.40%
  • 2018/07/13
  • コイン東京編集部

バイナンスがマルタの分散型銀行「ファウンダーズバンク」を支援、最初の投資家に

このエントリーをはてなブックマークに追加
マルタでデジタル資産投資家の為の最初の銀行設立を目指すプロジェクト「ファウンダーズバンク(Founders Bank)」が発表されました。最初の投資家として、仮想通貨取引所バイナンスが参加しています。新たな銀行はマルタの規制当局のライセンス取得を目指しており、欧州連合(EU)の金融規制の対象となります。

ドイツの規制下で資金調達

ファウンダーズバンクは、既存の金融界と革新的な暗号企業の間で橋渡しとなる、最初の安定したハイテクバンキングソリューションになると主張しています。バイナンスのCZ氏は、「当局に承認されると、ブロックチェーンシステムに基づくファウンダーズバンクは世界で最初の分散型コミュニティが所有する銀行となるでしょう。ブロックチェーン企業にとって肥沃な環境を作り出し、分散型資産の市場を取り巻く不確実性を解消するだろう。」と述べています。



ファウンダーズバンクの資金調達は「ニューファンド(Neufund)」のプラットフォームを介して行われます。ニューファンドはブロックチェーンベースの株式資金調達プラットフォームで、独自の「法的拘束力のある株式トークン」を発行する仕組みです。このプロジェクトのトークンセールは今年後半に欧州の主要証券取引所と協力して、ドイツの規制下で行われます。バイナンスはファウンダーズバンクの5%の株式を取得。現在同社のプレマネー(資金調達前)の企業価値は1億5,500万ドルです。

ファウンダーズバンクはマルタの一連のプレ・クリプトカレンシー法に準拠して、同国におけるブロックチェーンベースのビジネスを強化するように設計されています。マルタ首相府の金融サービスの議会秘書Silvio Schembri氏は、この島は「最初のグローバルコミュニティ所有銀行の所在地として選出されたことを光栄に思う」と伝えています。



ファウンダーズバンクの計画

ファウンダーズバンクは、ハイテク企業やビジネス企業に一流のバンキングソリューションを提供する計画です。同社は暗号化サービスを提供するオンライン銀行を目指しており、ユーザーはモバイルアプリやデスクトップアプリから銀行口座にアクセスできます。ファウンダーズバンクが発行したクレジットカードも使用できる予定です。

同社は現在、マルタの金融当局からの銀行ライセンスの承認を待っており、2018年後半にNeufundのプラットフォームを通じて行われる株式トークンオファーを経て、2019年初頭に開始する予定です。

先週、マルタの議会はブロックチェーンと仮想通貨関連の3法案を承認しました。数日前、マルタに拠点を置くブロックチェーン企業パラジウムも世界で初めてICCO(イニシャル・コンバーチブル・コイン・オファリング)を立ち上げました。ICCOは、ICOとは異なり企業の株式を交換できるトークン(コンバーチブル・コイン)を投資家に付与します。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る