COIN TOKYO

¥733,463
BTC +0.20%
¥23,079
ETH +0.05%
¥51.16
XRP +0.01%
¥50,669
BCH +0.10%
  • 2018/07/21
  • コイン東京編集部

英国でスマートコントラクトの明文化に向けた研究プロジェクトを開設

このエントリーをはてなブックマークに追加
英国法律委員会はブロックチェーンベースのスマートコントラクトの研究プロジェクトを設置しました。調査は今夏に開始される予定で、委員会によると現時点でスマートコントラクトの研究プロセスが完了するまでに9〜18ヶ月かかる見込みだという。

1965年に設置された英国法律委員会は法律改正を目的とした政府の常設機関です。提出された「ワーキングペーパー」を分析、審議した結果を委員会の最終的な法改正勧告を議会に提出します。

契約法にスマートコントラクトが組み込まれるか

木曜日に発行された報告書「ワーキングペーパー」によると、法律委員会は今年既にトピックに関する初期調査を実施しました。より正式なプロジェクトを夏に開始する予定だという。当局はこの調査がスマートコントラクトの使用に法的な明快さをもたらすと、以下のように述べています;
「法律がグローバルかつデジタルな状況に適用でき、不明瞭で不確実なトピックを強調するのに、十分に確実で柔軟なことを保証する...この分野で改革を進める真剣な意思がある。」

法律委員会は、「スマートコントラクトは信頼と確実性を高め、企業間の取引効率を高める利点があると考えている。現行の法制度は企業が英国を魅力的にするための初期の技術に適応すべきである」と主張しました。報告書は以下のように述べています;

「英国の裁判所と法律が“ビジネス上の競争力のある選択肢”であると示すことが重要です。現行の英国の法的枠組みをスマートコントラクトに適用するよう検討する法律委員会の調査には説得力がある。」

この取り組みは2017年12月に委員会が公表した14の分野を概説した報告書に続くものです。当時、1年間の公的協議を経て、スマートコントラクトの使用を含む14分野が法改革のために設定されました。

委員会は現時点でスマートコントラクトの研究プロセスが完了するまでに9〜18ヶ月かかると述べています;

「スマートコントラクトが(最初から無効であった、または取消しとなる)黙示条項や黙示契約など契約法の概念とどのように相互作用するか疑問があります。データ保護法に関する問題もあります。」

昨年、英国の最高裁判官であるジョン・トーマス氏は法律委員会が主催する講演で、「ブロックチェーンに基づいたスマートコントラクトを考慮して、英国の法律を更新する必要があるかもしれない。」と述べていました。」

一方、米国では各州ごとにスマート・コントラクトを成文化して法律に組み込む動きが報じられています。今年3月にテネシー州知事は州法に基づいて、“ブロックチェーンデータとスマートコントラクトを合法とする法案”に署名しました。法案によると、「取引に関するいかなる契約も、スマートコントラクト条項を含むというだけの理由によって、法的効力、正当性、法的強制力を否定されてはならない。」としている。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る