COIN TOKYO

¥731,339
BTC -0.09%
¥23,008
ETH -0.19%
¥51.09
XRP +0.01%
¥50,464
BCH -0.14%
  • 2018/07/22
  • コイン東京編集部

トロン創設者ジャスティン氏がTRXのスーパーノード選挙で勝利、TRX開発に報酬を寄付

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨トロンの創設者ジャスティンサン氏はTRXネットワーク上の「スーパー代表者」として正式に選出されました。27個(団体)のスーパーノードの1つとして正式に承認されしました。

TRONの創設者Justin Sunがノードオペレータに

水曜日に立候補を表明したジャスティン氏は、わずか数時間でネットワークの27人のアクティブスーパー代表者の一人としての地位を獲得しました。現時点でジャスティン氏のノード名「JustinSunTron」は1億2,480万票以上を獲得し、候補者の中で8番目に位置しています。

ジャスティン・サン氏、トロンスーパー代表者選挙で現在8位(出展:tronscan)

ジャスティン氏は、トロンサポーター向けのフォーラムでコミュニティに感謝し、「プロジェクト創設者から“成長を続ける分散型自治コミュニティ”のメンバーに移行する重要なマイルストーンとなりました。」と伝えました。同氏はまた、スーパーノードの運用から受け取ったすべてのTRXをトロンの開発に返還することを約束しました。

「私が選出された後に受け取るTRXはすべてコミュニティに戻されます。TRONネットワークとコミュニティに協力する優れた開発者、支持者、個人、チーム、組織を支援するために。」

スーパー代表者とは何か?

トロンの創設者ジャスティン・サン氏はマーケティングを含めた他のプロジェクトでの影響力が高く、スーパー代表者としての選出はTRXエコシステムにおいてさらに支配力を高める事になります。プロトコル開発に積極的に取り組んでいる限り、バックグラウンドに陥る可能性は低いと考えられます。

仮想通貨イオス(EOS)と同様に、トロン(TRX)はコンセンサスアルゴリズムとして委任されたプルーフオブステーク(DPoS)を採用しています。このモデルは限られた数の「スーパーノード」がトランザクションを処理し、ネットワークルールを承認します。ビットコインのようなプルーフオブワーク(PoW)方式を採用する仮想通貨よりも構造的にスケーラビリティを強化します。しかし、責任が比較的少数の事業体の手に委ねられるため、分散化を犠牲にしているとみなされています。

これを補うために、トロンやイオスのようなDPoSネットワークは、スーパーノード選挙を実施します。候補者を立て、ユーザーがトークンを「ステーク」して、どの候補ノードがネットワーク上のトランザクションを処理するか、トークンを使って投票します。

プロトコルはどのノードが処理するかをランダムに選択します。理論上はこうした措置は、悪意のあるノードオペレータがネットワークを攻撃することを防止します。ノードオペレータは処理するブロックを認識できず、ユーザーは適切に行動しないアクターへの投票を拒否できます。

批評家はこれらの措置があっても、ノード運営者が共謀する可能性を否定できないと主張します。特に地理的に集中している場合に、敵対的な政府からの圧力に対して脆弱にするという。最も分散化していると言われるイーサリアム(ETH)のノード数は16,700を超えています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る