COIN TOKYO

¥732,524
BTC +0.13%
¥23,055
ETH -0.02%
¥51.14
XRP -0.02%
¥50,536
BCH -0.06%
  • 2018/07/23
  • コイン東京編集部

カルダノ(ADA)の創設者チャールズ氏「ADAが一番最初の100兆円規模の仮想通貨となるでしょう」

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、IOHKのCEOで仮想通貨カルダノ(ADA)の共同設立者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、ブロックチェーンスタートアップインキュベーターのEMURGO社とのセッションを開催しました。カルダノの世界的な普及に向けた展望について語りました。

カルダノユーザーは投機家以上の存在

「私は最初の1兆ドル(110兆円)の仮想通貨となったカルダノを見たいと思っています。それは、自立した経済を構築できた事を意味します。」

コインマーケットキャップによると、カルダノ(ADA)は45億ドル(5,094億円)の時価総額を有しています。チャールズ氏の目標は遥かに先です。

しかし、カルダノはまだメインネットを開設していません。現在、市場のトップ10コインの中で、カルダノとIOTAだけが完全に開発されたブロックチェーンを持たない仮想通貨です。(USDTは他のトークンとは性質が異なります)。それでも、市場で8位にランクしている事実は、カルダノ・プロジェクトに対するユーザーの信頼を示しています。

チャールズ氏は、「利益追及は、“1兆ドルのプロジェクト”というカルダノのビジョンの主な動機ではない」と述べています。プロジェクトが世界的なレベルでの採択を達成できていれば、自然にカルダノ(ADA)も価値の高い仮想通貨になるという。

「私はADAやADAに関連したコインが、突出した水準に達するのを見たいと思っています。なぜならその時、私たちは特権を持つ人々のためだけでなく、世界の皆にとって一貫した公正なルールを組み込んだプライベート・システムを構築できている事になるからです。」

チャールズ氏はまた、カルダノのコミュニティとビジョンを共有できていると語りました。同氏によると、多くのカルダノユーザーは単なる投機家以上の存在だという。

「ビットコインのようないくつかの仮想通貨では、価格が上昇するとすぐに売却して利益を法定通貨に変えようとするユーザーがいます。一方で、カルダノのユーザーはプロジェクトの開発に真の関心を持っています。コミュニティはとても活発です。」

カルダノのPOS“ウロボロス”の目的

世界中の人々にとって公正なルールとは何か?チャールズ氏は自らコミュニティに説明しています。19日、シンガポールで開かれたミートアップに出席したホスキンソン氏は、ADAトークンがいかに中央集権を防ぐかを説明しました。

カルダノは“ウロボロス”という独自のプルーフオブステーク(POS)コンセンサスに移行する計画です。あるユーザーは、どのようにクジラ(大量保有者)や億万長者への集権化を防げるのかを質問しました。チャールズ氏は以下のように応えています;

「特定のグループがシステムの支配権を与える場合、“彼らが関心を寄せる”システムの要素は、慎重に決定すべきポイントです。」

「...現在、ADAもビットコインのようなプルーフオブワーク(POW)を採用しています。“マイナーらが関心を寄せる”理由は、報酬を得られるからです。」

POWシステムでは、人々はシステムの外部(マイニング・ハードウェア)から権力を得ています。PoWでは、採掘ハードウェアはマイナーの選択に応じて、複数のコインで使用できます。それらのコインがほぼ同じ価値を持ち、マイナーが十分な報酬を得られるならば、その他のコインを出し抜くことができます。

チャールズ氏はコインをAとBに例えて説明しました;

「デリバティブに例えてみましょう。仮にあなたがコインAをショート(空売り)するとします。仮にコインAのブロックチェーンを破壊する支配力があるとします。その場合、あなたは俗に言う“ゴールフィンガー攻撃*”を仕掛ける歪んだインセンティブを持つことになります。―あなたがすることは『ショートを仕掛ける。二重支払いをして[A]コインを攻撃する。根本的にそのブロックチェーンを破壊する』」

「このようにして、市場を操作しようとするマイナーは超過利益を上げることができます」、とチャールズ氏は語りました。さらに言うと、支配者には同じマイナーグループと、同じ技術(片方のチェーン[B]は安全に保ち、もう片方[A]を破壊するため)を使用するインセンティブがあるという。

一方、PoSプロトコルは、(PoWにおいて可能な)システム操作を許可しない。なぜなら、システムを支配するために最初にトークンを購入する必要があるからです。皮肉なことに、システムを支配しようとするプロセスで、システム上の保有トークンを破壊していることになります。チャールズ氏によると:

「自分の家を焼き払って、大金を稼ぐような話です。」

*ゴールフィンガー攻撃:悪意のあるマイナーの攻撃手法。コインの価値を下げる一方でデリバティブで空売利潤を得る。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る