COIN TOKYO

¥728,411
BTC +0.31%
¥22,974
ETH +0.45%
¥51.84
XRP +2.00%
¥49,761
BCH +0.66%
  • 2018/07/24
  • コイン東京編集部

リップル(XRP)が東南アジア最大の仮想通貨取引所MBAexに上場

このエントリーをはてなブックマークに追加
24日、シンガポールに拠点を置く仮想通貨取引所MBAexは、仮想通貨リップル(XRP)のサポートを追加します。XRPの取引ゾーンが開設され、4つのコインとの取引市場が提供されます。

同社は東南アジアの主要な資産取引プラットフォームとして、34カ国のユーザーにサービスを提供しています。東南アジアのユーザーは主要な仮想通貨やUSDTを利用してリップル(XRP)を売買できるようになります。

XRPの取引ゾーンが開設され、4つのコインとの取引市場が提供されます;
 BTC/XRP、ETH/XRP、LTC/XRP、BCH/XRP、(USDT/XRP, MDP/XRP*今後)

東南アジア最大の仮想通貨取引所

24日、MBAexは仮想通貨リップル(XRP)を上場します。コインマーケットキャップによると、MBAexの日次取引高は9億2,500万円を越え、市場で74位に位置しています。同社が現在取り扱っている仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、テザー、(WCG)、そしてリップルを加えた7種類です。

2018年初めに設立されたMBAexは、東南アジア最大のブロックチェーン資産取引プラットフォームと言われています。MBAexの主要なチームは、EU、東南アジア、中国の人材で構成され、外国為替業界、銀行業界、ブロックチェーン資産管理、およびその他の金融技術において10年以上の豊富な経験を積んでいるという。安全で信頼性の高い方法で仮想通貨を管理しており、コールド・ストレージ、SSL、マルチシグ、バンキング・セキュリティ・テクノロジーを採用しています。

取引所トークン(MDP)

MBAexは6月29日に独自のトークンMBAexデジタルパス(MDP)を開設しています。MDPを使用してトレーダーは、取引手数料の割引、ビジネス広告費、VIPユーザーサービスなどのサービスを利用できる。また、基軸通貨として主要な仮想通貨と取引できるMDP取引ゾーンも構築しています。トークンは使用後にパージ(ロック)され、メンバーフィーとみなされる。したがって、MDPの価格は徐々に上昇すると予想されているという。

MDPトークンの価値は着実に上昇し、当初価格0.16ドルに対して7月2日時点で3.49ドルで取引され、大幅に高騰した。7月2日時点の流通量は6億6,000万枚です。

技術的にMDPはイーサリアムブロックチェーンに基づくERC-20トークンです。MBAexはコンソーシアムのブロックチェーンエコシステムを構築しており、将来的にMDPは自らの環境のコインになる予定です。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る