COIN TOKYO

\722,670
BTC -0.05%
¥34,269
ETH -0.70%
¥38.29
XRP -1.54%
¥64,959
BCH -0.59%
  • 2018/08/06
  • コイン東京編集部

ネム財団が提携するオーストラリアのTravelbyBitが州政府から追加出資、観光促進へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ネム財団が提携している、オーストラリアで仮想通貨決済に対応するPOS端末導入を促進してきたTravelbyBitは、クイーンズランド州政府から新たに10万豪ドル(約880万円)の資金を調達しました。8月1日の州政府の発表によると同社は今後、観光促進のために暗号POS端末の提供地域をさらに拡大する見込みです。

TravelbyBitとは?

クイーンズランド州に本拠を置くスタートアップ企業TravelbyBitは観光事業支援を目的としたフィンテック新興企業で、クイーンズランド州政府から支援を受けています。

TravelbyBitはこれまで、州立アドバンス・クイーンズランド投資ファンドから88,080ドルの出資を受けて、小売店向けにネムを含む5種類の仮想通貨を利用できるPOS決済システムを開発・提供していました。同社のツールはブリスベン空港や、アグネス・ウォーター(Agnes Water)という町のフォーティテュード・バレーを含むブリスベンの飲食・サービス・小売を含む150店舗に導入されています。



今年2月にはネム財団(NEM)との共同事業を発表して、ネムベースの観光サイトの構築やXEM所有者への様々な特典を企画してきました。NEMの公式サイトによると、TravelbyBitはNEMプラットフォームを利用して開発しており、8月中旬までXEM決済をする観光客に10~25%の割引を適用しています。

新たに10 万ドルの資金を調達

TravelbyBitは最近クイーンズランド州政府の支援を受けて、これらの取組を拡張し、クイーンズランド州を世界で最も仮想通貨に優しい目的地に変えることを目指しています。このサポートは州政府による10万ドルの資金調達という形で行われ、クイーンズランド州で仮想通貨支払い端末を広げることができます。

クイーンズランド州のケイト・ジョーンズ改革大臣は以下のように述べています;

「観光業は州にとって重要な産業です。TravelbyBitは州への旅行者にとって、増加する仮想通貨の支払いを受け入れる地元店舗での支払いを円滑にする最良の方法を考案しました。」

TravelbyBit社CEOのCaleb Yeoh氏は以下のように述べています;

「次の段階では、世界各地の多様な種類の観光客をターゲットにしています。技術に精通した人から、旅行予約や滞在中に仮想通貨決済を利用しようとしている観光客まで利用者を拡大したい。」

TravelbyBitは今、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ダッシュ、ネム、スチームで支払うことができ、さらにまもなくバイナンスコインにも対応します。

先月、NEM財団はオーストラリアにNEMブロックチェーンハブを開設することを発表しました。NEMブロックチェーン技術に関する教育と開発者となるこのハブは、TravelbyBitがブリスベンで運営しています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る