COIN TOKYO

¥365,254
BTC -1.10%
¥9,520
ETH -1.07%
¥32.46
XRP -1.11%
¥9,194
BCH +0.26%
  • 2018/08/07
  • コイン東京編集部

5Gネットワークはイーサリアムクラシック(ETC)の発展を促すか

このエントリーをはてなブックマークに追加
数日前にモトローラは、2019年にベライゾン(Verizon)の5Gネットワークを使用するスマートフォン端末Moto Z3の発売を発表しました。これによりベライゾンが来年5Gネットワークを導入する可能性が高いと見られています。これはT-Mobileを含む企業も追従しています。そして5Gがイーサリアム・クラシック(ETC)と関係が深いという。

IoT市場をターゲットにしているETC

イーサリアム・クラシックは、IoTを実現する5Gのアプリケーションに関連しています。IoTが機能するには連続したスムーズなデータフローが必要で、5Gネットワークが不可欠です。データの連続的かつ高速なフローがなければ、自動運転車は効果的に機能できないでしょう。

イーサリアム・クラシック(ETC)チームは、ETCのIoTスペースでの採用を目指しています。ロードマップの一部には、IoT領域のスケーラビリティを支援するサイドチェーンの開発が含まれています。スケーラビリティがなければ、ブロックチェーンはIoTでは機能せず、サイドチェーンは効果的な解決策と考えられています。イーサリアム・クラシックはIoT用のサイドチェーンの構築により、マシンの相互通信だけでなく非常にスケーラブルな環境を保証します。

イーサリアム・クラシック(ETC)は、IoT空間での通信における完全性のための2つの重要な要素である“分散性”と“安全性”にも優れています。本質的に、イーサリアム・クラシックはIoTに適しています。残されているのはIoTのインフラとその始動で、これは2019年に起きる見込みです。ベライゾン(Verizon)などの大規模ネットワークが5Gを開始すれば市場にスマートデバイスが普及し、イーサリアム・クラシックの市場での採用が大きく伸びると考えられます。

現状、イーサリアム・クラシック(ETC)はこの分野の先頭に立っています。競合する可能性のある他のプレーヤーはまだ開発段階です。例えば、同じ市場をターゲットとしているアイオタ(IOTA)は、最近スマートコントラクトプラットフォームをローンチしたばかりです。アイオタはまた、IoTスペースにおけるブロックチェーン技術の採用において重要な役割を果たす要素、“完全な分散性”を達成する手段から逸脱しています。

来年はETCブロックチェーン上で起動するIoTデバイスが増加する可能性がある。イーサリアム・クラシック(ETC)の投資家にとって、この事はETCに投資する1つの理由となっています。またETCは他業界でもユースケースを有しています。その不変性のために、金融のスマートコントラクトを作成する上で完璧なブロックチェーンとなり得るでしょう。イーサリアム・クラシックは2018年後半と2019年に注目すべき仮想通貨の一つです。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る