COIN TOKYO

¥427,987
BTC -0.92%
¥11,712
ETH -1.16%
¥42.02
XRP -1.91%
¥13,597
BCH -0.06%
  • 2018/08/10
  • コイン東京編集部

ビットメックス(BitMex)取引所のCEO「取引量は2017年全体の4~5倍を記録している」

このエントリーをはてなブックマークに追加
8月8日、SECによるビットコインETF延期のニュースで価格が急落する中、レバレッジ取引ができる仮想通貨取引所ビットメックス(BitMEX)では、ビットコインの日次取引量が100万BTCを記録しました。正確な24時間取引量は1,027,214.62 BTC。比較材料として上位取引所を示しますと、バイナンスのBTC取引量は212,672、CoinExは51,916 BTCです。

CEOが要因として挙げる2つの新製品

香港の仮想通貨取引所ビットメックスで24時間のBTC取引量が100万BTCを超えたのは2度目、前回は7月25日だという。8日の取引高のスクリーンショットを以下に示します。

〇出展:ツイッター

ビットメックス(BitMEX)のこの日の24時間取引高は約67億円。コインマーケットキャップによると、ビットコイン市場全体でのビットメックス市場のシェアは34.92%を占めます。

ビットメックスのCEOアーサー・ヘイズ氏は、100万BTCのマイルストーンに関して以下のように述べています。

「24時間以内の取引量で再び100万ビットコインの記録を達成したことは、一つの大きなマイルストーンの到達であり、ビットメックスのコミュニティの成長を示す強力な証拠です。私たちは、暗号市場に多様性を付加するデリバティブ商品への圧倒的な需要を認識しています...当社の成長の要因は、2つの革新的な新製品、“ETH対USDパーペチュアル・スワップ”と“アップス&ダウンズ”を支援する目の肥えたコミュニティのおかげです。」

ETH対USDパーペチュアル・スワップ

ETH対USDパーペチュアル・スワップは、8月2日にビットメックスが追加した取引市場です。ユーザーは米ドル建てで、イーサリアムに最大50倍のレバレッジをかけて先物取引できるようになりました。これまでETH対BTCの先物市場を提供してきましたが、トレーダーにとって裁定取引(アービトラージ)や、市場でポジションをヘッジに不向きと見られていました。アーサー氏はETH対USD立ち上げから1週間で、世界で最も流動性の高いETH取引市場になっていると主張しています。*コインマーケットキャップではまだ反映されていません。

アップス&ダウンス

ビットメックスが今年5月に導入したアップス&ダウンスは、コール・プットオプションに似ています。決済日である毎週金曜日12:00(日本時間21時)の価格を予想する7日先物です。アップス、またはアップサイド利益契約は、トークン所有者にコインを所定の価格で所定の期間購入する権利を付与する、従来株式のコールオプションと同様です。ダウンスまたはダウンサイド利益契約は従来のプットオプションと同様で、トークン所有者が予定の価格でコインを売却します。これらのメリットは、満期までロスカットされないことと見られています。

アーサー氏は2つの新製品に関して次のように述べています;

「ETH対USDパーペチュアル・スワップとアップス&ダウンスは、ビットメックスの新しくエキサイティングな領域を形成しています。クリプトコミュニティにとって使いやすく非常に安全な取引アプリで、より洗練された金融商品を実験する未曾有の舞台です...先物、スワップ、BitMEXで利用可能なオプション取引は、仮想通貨業界にあらゆる形態のデリバティブ商品を提供するという目標に向けて大きな進歩を遂げています。」

5月のリリースで同社は、こうしたオプションの追加理由について「流動性状況を踏まえると、新たなオプション製品の発売に必要な流動性が現在、十分存在すると確信したため」と述べています。8月にCNBCアフリカの番組に出演したアーサー・ヘイズ氏は、ビットメックスの取引量は、既に2017年全体の「4〜5倍」を記録していると語っています。

結論として、ビットメックス(ビットコイン・マーカンタイル・エクスチェンジ)は、市場で最も流動性と人気の高い仮想通貨取引プラットフォームの1つであると証明しました。

2014年に設立されたビットメックス取引所の使命は、ビットコインと他のクリプトデリバティブのトレーディング市場をプロフェッショナルにすることです。ビットメックスは、クリプト対法定通貨のリスクをヘッジする、高速、安全、および流動性の高い市場を提供して、ビットコインとアルトコイン取引の普及を目指しています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る