COIN TOKYO

¥371,090
BTC -0.23%
¥9,821
ETH -0.15%
¥32.88
XRP -0.21%
¥8,412
BCH -1.31%
  • 2018/08/11
  • コイン東京編集部

インドのP2P仮想通貨取引サービスの登録者が急増、主にBTC、ETH、XRPを売買

このエントリーをはてなブックマークに追加
インドの中央銀行による仮想通貨取引所への銀行サービス禁止の後、仮想通貨取引のエスクロー(第三者預託)サービスの需要が高まっている様です。ある取引所は、1か月以内に何万人もの新規ユーザーが新規登録したという。Bitcoin.comが報じました。

インドのトレーダーは銀行口座の規制を迂回している

インド準備銀行(RBI)は、管轄下の銀行にクリプトビジネスへ口座サービスの提供を禁止しています。そのため、仮想通貨取引所はインドのルピーを引き出す手段を考案しました。1つの解決策は、取引所がエスクロー*となってUSDTを提供する手段で、「ピアツーピア(P2P)取引」と呼ばれています。

*エスクロー(escrow)とは:
仮想通貨取引の際に信頼できる第三者を仲介させ、取引の安全を担保する第三者預託である。インドの場合、取引所がエスクローの役割を担っているという。

インドの仮想通貨取引所Wazirxは約1ヶ月前にこのサービスを開始しました。CEOのNischal Shetty氏はnews.Bitcoin.comの取材に発言しています;

「サービスへのトレーダーの反応は驚くべき水準です。人々はP2Pを愛しています...最初はP2Pがうまくいくか、利便性は十分かどうか不安でした。しかし今、P2Pで毎分1回のトレードが成立しています。」

「P2Pを導入した後、何万人もの新規ユーザーがWazirxに登録しました。実際、過去2週間の新規登録数は、過去2か月を上回りました。」

Wazirx P2Pシステムは、「取引所のトレードプロセスを再現するよう構築されている」とCEOは語ります。トレーダーは法定通貨ルピー(INR)とテザー(USDT)を交換します。USDT使用して仮想通貨をトレードしています。Wazirxは、「取引中に資金を担保するエスクロー口座として機能します」と説明しています。

Shetty氏は、news.Bitcoin.comに以下のように説明しています;

「WazirxのP2Pシステムは、既存のWazirxアカウントに代わって、法定通貨(INR)バランスを管理します。別の個人口座に金額を入金すると、リターンとしてUSDTを得ることができます...ユーザーは取得したUSDTを使い、通常(非P2Pの)の方法で、当社のUSDT市場で取引します。P2Pでの交換注文は非常に容易です。」

「P2Pは従来の入出金手段よりも迅速です。P2Pは相手がオンラインでアクティブになっていれば、すぐに口座に送金できます。」

多様なP2P取引サービス

他の取引所も同様のソリューションを提供しています。例えば、コインデルタ(Coindelta)は、7月26日にP2P取引所Fluxを開設しました。ユーザーは、BTC、ETH、XRP、およびUSDTをメインのコインデルタ取引所とFluxの間で転送します。他のコインはFluxに移せないので、一度USDTに変換する必要があります。

取引所コイネックス(Koinex)のLoopは、人気の高い取引所エスクローサービスです。現在、BTC、ETH、およびXRPのみがエスクロー取引のプラットフォームに上場されています。クラシファイド取引(日本のコインチェックのような両替)サービスに対応しています。

ZecoexとGiottus取引所は、ユーザーがクリプト残高から販売オファーを行い、バイヤーの購入を待つ(ヤフオクのような)サービスを提供しています。また別の取引所Instashiftは、ユーザーがインドルピーを含む5つの法定通貨を売買できるプラットフォームを提供しています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る