COIN TOKYO

¥737,406
BTC +0.01%
¥23,366
ETH +0.02%
¥50.11
XRP +0.09%
¥51,383
BCH +0.01%
  • 2018/08/20
  • コイン東京編集部

BITPoint(ビットポイント)取引所のイメージキャラクターに本田圭佑選手を起用

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社リミックスポイントの子会社である株式会社ビットポイントジャパンが、仮想通貨交換所BITPoint(ビットポイント)のイメージキャラクターとして、プロサッカー選手で活躍する本田圭佑(32)選手を起用されました。
契約金は日本円ではなくビットコインで支払われるそうです。
【公式】BITPOINT × 本田圭佑 イメージムービー(字幕 Ver.)

本田選手はサッカー日本代表として活躍する一方、カンボジア代表の事実上の監督に就任するなどサッカー界で注目を集める選手です。
また、サッカー界だけでなく起業家・投資家としても有名で、堀江貴文氏もそのビジネスセンスを高く評価しています。

本田選手は自ら「KSK Angel Fund」を立ち上げ、既に国内外で30以上のスタートアップに投資しています。
また今年7月には、米俳優ウィル・スミス氏と組み、月内にベンチャーファンドを設立。日本で約1億ドル(約110億円)を集め米国を中心に創業したての有力スタートアップ企業に投資するなど、活躍の場を広げています。

プレスリリースによるとイメージムービーの撮影は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス市ハリウッドのスタジオで行われ、現地のスタッフが揃う中撮影されたそうです。

また、イメージムービー内のキャッチコピーのナレーションとして、本田圭佑氏の「未来を変える。その為に失敗を恐れず、日々、努力しているんです。」という言葉を採用。
ムービー内では、「世界一になる」という目標に向けてストイックにトレーニングに励む本田選手の姿と、夜景の見える一室をスマートに歩く姿を対照的に映し出す作品となっています。
BITPointは積極的な業容拡大に繋がるマーケティングの実施は自粛するとし、その理由として2018年6月22日に関東財務局より業務改善命令を発出。7月23日に提出した業務改善計画の遂行を経営上の最優先課題として取り組むためとしています。
今回の本田選手のイメージムービーは、BITPointの経営管理態勢を強化することを目的として制作したとしています。

BITPointとは

BITPointは2016年3月に設立。翌年2017年9月に金融庁の仮想通貨交換業者登録を完了しました。
ビットコインFX取引にも注力しており、国内の仮想通貨取引所としては初めてFX取引ツールMetaTrader4(MT4)を導入したほか、キャンペーン期間なしで仮想通貨取引手数料が無料。

最高技術責任者には元楽天証券のシステム部長が就任しており、他の社員も金融業界出身者がほとんどで、IT系出身者が多い仮想通貨取引所では珍しい存在となっています。

BITPoint(ビットポイント)は日本だけでなく、香港、中国、韓国、台湾と東アジアに多くの関連交換所を持っており、グローバル化を推し進めています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る