COIN TOKYO

¥372,570
BTC +0.53%
¥9,859
ETH +0.55%
¥33.04
XRP +0.75%
¥8,558
BCH +1.64%
  • 2018/08/24
  • コイン東京編集部

米Bittrex(ビットレックス)がRialtoと提携して、デジタル証券取引プラットフォーム構築へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
23日、代替取引システム(ATS)のプロバイダであるRialto(リアルト・トレーディング)社は、仮想通貨取引所Bittrex(ビットレックス)との提携を発表しました。両社はブロックチェーンベースの証券の取引プラットフォーム構築を目指します。

代替取引システム(ATS)とは

証券取引所以外の私設取引プラットフォームの総称です。流動性を提供するダークプールとほぼ同義とされ、機関投資家による大口注文を市場へのインパクト無しに取引することを目的としています。Rialto社は、確定利付商品の取引市場に規制されたATSを提供しています。

専門分野の組み合わせ

提案しているデジタル証券プラットフォームは、Bittrexの仮想通貨取引、デジタルウォレット、サイバーセキュリティ、およびブロックチェーン技術と、Rialtoの有価証券の経験と、ライセンスを受けたブローカーディーラーであるATSを組み合わせて実現します。

両社はそれぞれの専門分野を統合して包括的な証券プラットフォームを構築を目指します。サービスには、米ドルとデジタル証券間のトレーディング、アドバイザリー(トレーディング、プレースメント、発行等)、カストディ・サービスを含む予定です。

Rialto社は現在、同社のATSサービスをデジタルセキュリティ(証券)に拡張するため、規制当局に許可を求めています。許可取得のためにBittrexと協調して、規制当局とコミュニケーションを進めているという。

Bittrex(ビットレックス) CEOのビル・シハラ氏はパートナーシップについて以下のように述べています;

「我々はBittrexのサイバーセキュリティ、ブロックチェーン技術の専門知識を、リアルトの証券業界に関する深い知識と融合しようとしています。」

リアルトトレーディング(Rialto)のシャリー・ヌーナンCEOは、ゴールドマンサックスやドイツ銀行での経験があるという。

ビル・シハラ氏は、「シャリーの経験を含め、Rialtoの豊富な金融サービスの背景を加えたこの新しいベンチャーは、包括的なソリューションを提供することで、ブロックチェーンの普及をさらに進歩させるポジションになります。」と述べています。

この発表によると、新しいプラットフォームへの参加または上場に関心を示す米国のブローカー・ディーラー、適格機関投資家、およびデジタルセキュリティ発行者は、すぐにRialtoのホームぺージで申請できるようになるという。

Bittrexは今年5月末にシグネチャ銀行と契約し、段階的に米ドルで仮想通貨を取引できるようにすると発表していました。8月にリップル社と提携し、同社のxRapidの流動性プールとして米国の推奨取引所に指定されました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る