COIN TOKYO

¥388,585
BTC -0.27%
¥10,260
ETH -0.51%
¥34.61
XRP -0.15%
¥9,511
BCH -1.25%
  • 2018/08/29
  • コイン東京編集部

イーサリアム(ETH)は底値を更新するも大きな反落は見られず、今後価格の流れを変えることはできるのか?-8月29日チャート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
長く下落チャートを継続させている仮想通貨イーサリアム(ETH)は8月23日以降、緩やかに底値の更新を続けている状況です。しかし底値更新にも関わらず、大きな下落はみられておらず、レンジ相場に近い値動きが続いています。今後イーサリアムはどのような値動きを見せる可能性があるのでしょうか?チャートをみていきます。

仮想通貨イーサリアム(ETH)は底値の更新を続けるも非常に緩やかな値動き

ETH/BTCの4時間足チャートをみてきます。8月14日に0.0419BTC台まで底値を更新させたETHはその後価格の反発を強くみせるも、上昇は一時的なもので終えました。

8月18日以降は再び下落方向への値動きが継続、8月23日には8月14日につけた底値を更新させます。底値更新後のETHはその後も非常に緩やかな値動きをみせていますが、底値更新も継続させていることがわかります。

8月27日の0.0406BTC台まで底値を更新させたETHは、一時的に小さく反発、本日8月29日現在は9.9415BTC台で値動きをみせていることがわかります。

次にETH/USDの注文比率を確認していきます。ETHチャートでは非常に緩やかに底値の更新を続けていますが、注文比率をみると、売り注文量は非常に減少していることがわかります。SNSではICOの狼狽売りも話題になっていましたが、現在の注文比率をみた場合、狼狽売りも一段落したと考えることができます。

今後も売り注文量の減少が続く場合、ETHへの売り圧力は大きく減少し、チャートも遂に一時的に上昇をみせる可能性が高まります。しかしこれまで大きく下落を続けたETHです。売り注文量が減少している現在も、大きな上昇が未だ確認できていないという状況から、市場ではETHに対する購入意欲は未だ小さいのではないでしょうか。今後価格を大きく上昇させていきたいETHにとって、上昇への為のファンダメンタル的な材料が必要と感じられます。

今後の仮想通貨イーサリアム(ETH)にはポジティブなファンダメンタル要素も控えられている

本日8月29日現在、主要仮想通貨であるビットコイン(BTC)は、上昇への兆しを見せ始めています。主要仮想通貨の上昇に伴うETHの上昇に期待です。また再来月にはETHのハードフォークも控えられています。ハードフォークが近づいてくる中、ETHに対する期待買いが増えるかどうか確認していきましょう。多くのアルトコインではハードフォーク前になると一時的にではありますが、上昇への値動きをみせる可能性が多いことも事実です。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る