COIN TOKYO

¥728,454
BTC +0.10%
¥23,005
ETH +0.31%
¥51.71
XRP +0.06%
¥49,553
BCH +0.02%
  • 2018/08/30
  • コイン東京編集部

日本初の仮想通貨のレンディングに特化した新サービス「CoinOn(コインオン)」先行受付開始!

このエントリーをはてなブックマークに追加
カウンティアバンク株式会社は、日本初の仮想通貨のレンディングに特化した新サービス「CoinOn(コインオン)」について、2018年8月30日より、先行受付( https://pre.coinon.cc )を開始しました。正式リリースは、2018年内を予定しています。

カウンティアバンク株式会社は、FinTech事業を展開するカウンティア株式会社と、東証一部上場企業の株式会社VOYAGE GROUP(ボヤージュグループ)の合弁企業になります。

現在いつくかの取引所においてレンディングサービスが展開されていますが、「貸付期間が固定されている」など、ユーザーに対し「利用期間引き出せない」と言う縛りがあります。

また、貸付料の年間期待リターンは5%以下のところも多く、価格変動の大きい仮想通貨に対し結果損失を招く恐れもあります。

CoinOn(コインオン)では賃借料は毎日変動しますが、年間期待リターンを5~10%(税込)と想定。
貸出期間は業界最短の1日単位なので、出金申請はいつでも可能です。これにより、いつでも簡単にお手持ちのビットコインを貸し出して賃借料を受け取り、必要な際にはいつでも簡単に返還を受けることが可能となります。

ボラティリティの高い仮想通貨に対しこのサービス内容は非常に有効で、既存のレンディングだと固定期間のため回避は困難ですが、仮に暴落が生じる恐れがある場合、契約を解除し損失を免れることもできます。

CoinOn(コインオン)サービス内容

・CoinOn(コインオン)では、貸出期間は1日単位、契約は自動継続となるため、毎日賃借料が貸出残高へ加算され、その合算額が自動的に翌日に貸し出されます。

・利用者からの引き出しの申請があった場合、5営業日以内にお客様指定のビットコインアドレス宛に送金します。

・貸出期間が1日単位であるため、解約手数料の設定はありません。

・賃借料は毎日変動し毎日付与。複利で増え年間期待リターンは5~10%(税込)。

・サービス当初はビットコインのみが対象。その他の仮想通貨は将来的に対応を予定しています。

・CoinOn(コインオン)への最小貸付額は1BTC以上を予定しています。

カウンティア株式会社

技術を駆使したFinTech事業を展開する企業。
カウンティア株式会社は、ファイナンスの未来に答えを見つけるため、2015年3月に誕生。
2017年11月22日には、仮想通貨関連事業を展開する新会社設立「カウンティアバンク株式会社」を株式会社VOYAGE GROUP(東証一部上場)と合弁で設立しました。

カウンティアバンクでは、カウンティアの持つ高度な金融知識とブロックチェーンの技術と、VOYAGE GROUPが培ったインターネットマーケティングやサイト運営のノウハウ、FinTech領域での知見を活かし、仮想通貨関連事業を展開します。

株式会社VOYAGE GROUP(ボヤージュグループ)

東京都渋谷区に本社を置く、メディア事業とアドテクノロジー事業(*1)を行う企業。
2014年にマザーズ上場後、2015年には東証一部へ市場を変更。
2015年「働きがいのある会社」ランキング従業員100-999人部門にて1位を獲得するなど業界内外において注目される企業です。

(*1)アドテクノロジー
アド(広告)+テクノロジー(技術)でアドテクノロジー。広告テクノロジー、アドテク、アドテックなどとも呼ばれます。インターネット広告に関連するシステムのことを指します。広告主の目的を実現するために、効果的かつ効率的に広告を出稿、またメディアのインプレッションの価値を高めてメディアの収益を最大化することを業務内容とします。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る