COIN TOKYO

¥372,570
BTC +0.53%
¥9,859
ETH +0.55%
¥33.04
XRP +0.75%
¥8,558
BCH +1.64%
  • 2018/09/09
  • コイン東京編集部

ゼロエックス(0x:ZRX)社CEO「今後5年間で有価証券から仮想通貨へ大きなシフトが起こる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
9月7日、ペイパル(Paypal)社の前COOデビッド・サックス氏が、仮想通貨ゼロエックス(0x:ZRX)プロジェクトのアドバイザリーに就任したことが発表されました。

今後5年間で、有価証券から大きなシフト移動が起こる

ペイパルの前COO(最高執行責任者)サックス氏は、0xプロジェクトへの参加について以下のように表明しています。



「クリプト界で最も重要なプロジェクトの1つ、0xプロジェクトのアドバイザリー・ボードに参加することに興奮しています。同社はセキュリティトークンの技術スタック(*1)の構築を手伝っています。投資ファンドCraft VenturesのポートフォリオであるHarbor(ハーバー)やBitGo(ビットゴー)と共に。」

*分散型分散取引所プロトコル及びシステムのプロバイダーである0x(ゼロエックス)は、先日、証券トークンを対象とした規制対応プラットフォームHarbor(ハーバー)とのパートナーシップを発表していました。

このコラボレーションはポジティブなシグナルと見られています。新興技術の支持者の中には、セキュリティ(証券)トークンがクリプトの普及、成長、成熟を今後数年間促進すると考えている人が多いからです。0x社CEOのウィル・ウォーレン氏もまた、証券トークンへの支持を表明しています。同氏はこのような暗号資産の一分野への期待を次のように述べています;

「今後5年間で、有価証券から大きなシフト移動が起こるでしょう。証券は、非常に規制され、アクセスが困難な閉鎖されたシステムです。それは、よりオープンなシステムとなり、取引場所がそれほど重要ではなくなるでしょう。しかし、その実現にはセキュリティトークンの技術スタックの確立が必要です。

0xが世界中のバイヤーと売り手をつなげる

Harbor社CEOのジョシュ・ステイン氏は、同社と0xが補完関係にあると指摘して、両社の提携から相互利益を得られると語っています;

「0xとその成長しているネットワークは、世界中のバイヤーと売り手をつなげる機会を作り出しています。私募証券のトークン化に関するコンプライアンスの課題に取り組むことにより、Harborはトークン発行者と投資家にとって、管轄区域内の従来の規則を容易に遵守できるようにします。」

Paypalの元COOサックス氏は、Harborの共同創業者でありCraft Venturesのパートナーでもあります。サックス氏は以前に以下のように述べていました。

「不動産業界はブロックチェーン中心のシステムへ移行することになる、最初のレガシーマーケットと資産クラスです。ブロックチェーン資産は確実に不動産市場の取引を現在よりも容易にします。伝統的な土地の売買行為に関わるプロセスは長期間かかっています。さらに、不動産担保の暗号資産は簡単に分割でき、最新の技術を介してのみ利用できる独自の投資機会を提供します。」

ポジティブなニュースを受けても、0xエコシステムのネイティブ暗号通貨ZRXは、他の市場と併せて停滞しています。現時点では、ZRXの価格は64.17円前週比-32%。時価総額343.16億円、市場28位にランクしています。

(*1)システムで使用しているソフトウェア、アプリ一式


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る