COIN TOKYO

¥724,653
BTC -0.03%
¥23,851
ETH +0.31%
¥58.00
XRP +3.19%
¥49,267
BCH +0.06%
  • 2018/09/10
  • コイン東京編集部

ビットコイン(BTC)は9日以降方向感の無い値動きをみせている、今後どちらに傾くのか?-9月10日チャート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
9月5日から6日にかけて暴落を告げた仮想通貨ビットコイン(BTC)、9月9日以降は下落と上昇を繰り返し、方向感の無い値動きをみせています。8月中旬から9月上旬にかけての上昇ムードを一転させたビットコインは今後どのような値動きをみせるのでしょうか?チャートを確認していきます。

レンジ相場へ突入した仮想通貨ビットコイン(BTC)、若干ではあるが上値・下値共に収束傾向ではある

BTC/JPYの15分足チャートからみていきます。9月5日~6日での暴落後、レジスタンスラインを72万円台として値動きをみせているBTC。9月9日には、もう一段階の下落をみせ、下値を68万円台まで下げました。暴落に続く下落となったBTCではありましたが、同日には価格を71万円台までの回復をみせます。その後のBTCは上値を71万円台として値動きを続けていましたが、本日9月10日には再び下値である68万円台に接触する下落をみせました。

BTCはレジスタンスラインを72万円台、サポートラインを68万円台としたレンジ相場へ切り替わったと判断できます。更に現在までのレンジ相場では若干ではありますが、上値は切り下がり、下値は切り上がっている傾向にあります。このまま上値・下値共に収束される値動きが継続する場合、BTCは大きく動くチャンスが控えられるということになります。

徐々に減少している買い注文量、レンジ相場は上抜けなるか?

次にBTC/JPYの2時間足チャートをみていきます。現在BTCのサポートラインである68万円台は2018年8月に強く機能した価格帯です。レンジ相場へ突入したBTCは今後もサポートラインをしっかりと維持してもらいたいところです。

注文比率を確認した場合、9月9日の大陽線形成で一時減少した売り注文も、本日9月10日の大陰線にて再び上昇傾向にあります。対してBTCの買い注文は緩やかに減少していることがわかります。9月6日以降のレンジ相場で徐々に買い注文量を減少させているBTCは、今後強い売り圧力を生む要素が一つ取り除かれているとも判断できます。8月に強く機能したサポートラインを割れた場合、市場では狼狽売りが発生する可能性はありますが、現在のサポートラインはある程度強く機能してくれるでしょう。

また買い注文量に対して、再び大きく上昇を始めた売り注文が決済されるタイミングを考慮する必要がありそうです。現在のレンジ相場では若干ではありますが、上値・下値共に収束されている傾向にあり、このまま更なる収束がされる場合、BTCは大きく動くチャンスとなります。ペナントパターン形成後、一時的にでもレジスタンスラインを越える動きをみせることができれば、市場の売り注文は一気に解消に動く可能性があります。


仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る