COIN TOKYO

¥373,076
BTC +0.04%
¥9,866
ETH +0.28%
¥32.89
XRP +0.19%
¥8,652
BCH +0.45%
  • 2018/09/10
  • コイン東京編集部

イーサリアム(ETH)価格が採掘不採算ラインに近づく中、ハッシュレート低下が示すものは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、イーサリアムのハッシュ・レートは徐々に減少しています。年始から上昇し続けたETHハッシュレートは8月初旬に290テラハッシュ(兆)のピークを迎え、直近では250テラまで低下しています。

これはイーサリアム・ハッシュレート史上、最大の落ち込みの1つです。これまでにも、4月や7月に約20テラハッシュの落ち込みが観測されましたが、40テラもの下落はこれが初めてかもしれません。

電力コストの目安152ドルに近づく

Etherscanによると、3月以来、ETHハッシュは相対的に安定して推移していました。8月前半を境に反転しているようです。

〇イーサリアムの今年のハッシュレート

最近の落ち込みの要因として、単純な誤差によるものか、マイナー(採掘事業者)にとって収益性の低い水準に近づいているか、万が一にも既に利益を上げられていないケースが挙げられます。

先月末、あるイーサリアムのマイナーは、1イーサあたりの電気代が152ドル(1*)であると述べました。

イーサリアムの直近の最低価格は185ドル、境界線より30ドル上回りますが、152ドルのコストは電気代しか含んでいません。ハードウェアはかなりのコスト負担がかかります。マイニングマシンは通常、多くの熱を発するため、溶融を防ぐために冷却装置を備えます。

〇152ドル(青)に近づくイーサリアムの対米ドル価格@Bitfinex

マイニングの大部分が行われる採掘プールや産業マイナーにとって、数千台ものGPUのストレージコストがかかります。高額な賃貸料、あるいは土地の先行購入代金のどちらかも支払っています。

そして人件費。ハードウェアを維持し、オペレーションを監視する・保守人員が必要です。これらを踏まえると、損益分岐点を圧迫して、いくつかのマイナーは財政的に困難な状況に陥っていても不思議ではありません。

売り圧力を差し控える動き

2014年から15年にかけて、ビットコインで同様の事態が起こりました。それでも、自己調整作用が働き、ネットワークは機能し続けました。より多くのマイナーが離脱すると、より簡単にコインを採掘(マイニング)できるようになるため、収益性が回復します。

しかしながら、多くの産業マイナーにとって、日頃からリスク管理を考慮する必要があります。定石としては、好調な時期に普段採掘しているイーサリアムあるいは換金した等価の法定通貨を貯蔵して、不遇な時期に備えます。

そして、イーサリアムの価格が損益分岐点に近づく時期には、マイナー達は売却圧力を差し控え、代わりに不遇な時期用の蓄え(資金)に依存する必要があります。そうでなければ、自ら墓穴を掘ることになります。仮にマイナー達が売却し続けるとしたら、価格下落を加速することによって、彼ら自身の採掘コストを増やしかねない。

理論的には、なんらかの思惑が無い限り、自己破産手続など取りたくないマイナー達にとって、自己調整または自己組織化が機能すると考えられます。周りのマイナーが財政困難に直面したり、迅速に賢さを身に着けるなどして、自身の売り圧力を差し控える動きが推測されます。

彼らの決断によっては、過去最も急激な弱気相場の1つの底を打つかもしれない。

(1*)出典はBrian Venturo氏の公式ブログです。3,000台のGPUリグを持つ採掘ファームAtlantic Crypto(アトランティック・クリプト)の共同設立者ブライアン・ベンチュロ氏は、先月、イーサリアム採掘コストについて、次のように公開しました。「1ETHの採掘パワーは現在1.27 MWhに相当する。平均電力コストを12セント/ kWhと仮定すると、1ETHあたり152ドルの価値に相当する。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る