COIN TOKYO

¥724,047
BTC -0.06%
¥23,999
ETH +1.23%
¥58.82
XRP +4.75%
¥49,542
BCH +0.76%
  • 2018/09/12
  • コイン東京編集部

米コインベース等の有名企業がワシントンD.C議員へのロビーイング活動の為「ブロックチェーン協会」を設立へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブロックチェーン投資ファンド、取引所、スタートアップが、ワシントンD.C議員へのロビー活動を目的とした、ブロックチェーン協会(Blockchain Association)の開設を計画しています。

教育と、リーガルチェンジに注力

火曜日のワシントンポストによると、この新たな組織はクリプトスタートアップと議員の間の関係を平滑化する努力の一環として、教育と法律の変更に注力するという。

協会の創設メンバーは、Coinbase(コインベース)、Circle(サークル)、Digital Currency Group(デジタル・カレンシー・グループ)、Polychain Capital(ポリチェーンキャピタル)、Protocol Labs(プロトコルラボ)といった企業が並ぶ。

協会の最初の従事者の1人は元上院議員クリスティン・スミス氏で、彼女はOverstock.comブロックチェーンのロビイストでもある。彼女はワシントンポストに、「私はこのスペースで、多くの基本的な教育に多くの時間を費やしてきました。私はこの問題に集中できることに喜んでいます。」と語っています。

さらに、メディアPoliticoはProtocol Labsの弁護士Marvin Ammori氏とHangar社創設者Josh Mendelsohn氏がグループのリーダーシップチームの一員となると報じました。

コインベースの法務・リスク担当Mike Lempres氏はワシントンポストに対し、同組織は企業を集めて、合理的な規制を提唱すると述べています。

「ブロックチェーン協会は、スペースの卓越した企業を一同に集めようと努力している。(議員が)規制を歓迎する企業の声を聞いていることを(我々は)知っている。我々は規制の抜け穴を探すのではなく、長く使用される法的規制システムを開発する企業だ。」

ブロックチェーン協会(Blockchain Association)は、税法と顧客確認(KYC)やアンチマネーロンダリング(AML)と、暗号通貨取引所やスタートアップの関係に特に焦点を当てるという。

ワシントンD.Cに拠点を置くシンクタンク、コインセンター(Coincenter)のエグゼクティブ・ディレクター Jerry Brito氏は、「この組織の開設を喜んでいる。」とポストに語っています。

「私たちが同意していることを提唱する、より多くの声を持つことは良いこと」とJerry氏は語りました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る