COIN TOKYO

¥735,296
BTC -0.17%
¥23,316
ETH -0.07%
¥52.55
XRP -0.12%
¥50,589
BCH -0.29%
  • 2018/09/18
  • コイン東京編集部

米リップル社が「今後1か月くらいにxRapidが商用稼働する」とメディアで言及

このエントリーをはてなブックマークに追加
米国の国境間支払いの新興企業リップル社は、仮想通貨に特化したプロダクトの商用アプリを「来月ぐらいに」ローンチする可能性がある、と同社管理職がCNBCに語りました。

1ヶ月後に商用稼働か?

月曜日、アジア・太平洋および中東地域におけるリップルの規制関係を率いるSagar Sarbhai氏は、同社プロダクト「xRapid」で大幅な進歩を遂げてきた、とCNBCで発言しました。

xRapidは仮想通貨XRPを使用して、銀行の国境間トランザクションの効率化を目的としています。

「今後1ヶ月くらいの内に、xRapidのプロダクションを稼働させ、みなさんに良いニュースが届くことを非常に確信している。」とSarbhai氏は語った。

同社の他のブロックチェーンプロダクトとは異なり、xRapidは仮想通貨XRPを法定通貨間の“ブリッジ”として決済に利用します。XRPのオンデマンドな流動性プールを利用して、早く、低コストで、透明性の高い国境間リアルタイム決済を実現します。

たとえば、銀行が米ドルからインドルピーへの取引を処理する場合。従来のプロセスでは、交換のために事前に資金を調達しておく必要があります。xRapidでは、米ドルをXRPトークンに変換して海外へ移動し、もう一方でXRPからインドルピーに変換することで、プロセスがスピードアップされます。

同社は、Santander(サンタンデール)、アメリカン・エキスプレス、MoneyGram(マネーグラム)、Western Union(ウェスタン・ユニオン)など、さまざまな有名な金融機関と提携しています。

しかし、これまでのところ銀行で仮想通貨プロダクトは稼働しているわけではありません。多くはXRPと無関係のプロダクトか、xRapidのテストでした。

Sarbhai氏によると、同社のブロックチェーンベースのxCurrentを使用するために、現在120以上の銀行や金融機関と提携しているという。xCurrentは分散型台帳技術に基づいて、銀行間でメッセージを交換するために使用され、国境を越えた支払いの各プロセスをリアルタイムで確認できます。

多くの金融機関が仮想通貨に慎重だとしても、リップル社はxRapidにアップグレードするようにこれらの企業を説得し続けています。

今年初め、リップル社CEOのブラッド・ガーリングハウス氏は、2019年末までに「数十」の銀行がxRapidを使用すると語りました。

8月に、リップル社はxRapidエコシステムの優先パートナーとしてBittrex(ビットレックス)、Bitso、Coins.phの3つの仮想通貨取引所を選択したことを発表しました。

規制当局の変化

これまでのところ規制当局は、マネーロンダリングのような不正行為や投資家の詐欺行為に使用されることを懸念して、仮想通貨に慎重な見解を示してきました。

Sarbhai氏は、ブロックチェーンと仮想通貨の規制環境が改善され、ブロックチェーン技術だけでなく、仮想通貨の利点を認識し始めていると語りました;

「数年前は、ブロックチェーンは良いが、仮想通貨は悪だと言われた。現在は、...政策立案者や監督当局は、仮想通貨がもたらす大きな利益があると考えている。幸いなことに、状況が変化していると思います。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る