COIN TOKYO

¥732,679
BTC +0.07%
¥23,161
ETH +0.08%
¥51.44
XRP -0.19%
¥50,481
BCH -0.43%
  • 2018/09/20
  • コイン東京編集部

国内取引所Zaifがハッキング被害、BTCなど67億円相当が流出

このエントリーをはてなブックマークに追加
国内の仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)は、20日未明にハッキングがあったことを公表しました。流出した通貨はBTC,MONA,BCHなどで、約67億円相当の被害となっています。

ハッキング経緯

入出金用のホットウォレットを管理するサーバに対し、平成30年9月14日17時頃から19時頃までの間、外部からの不正アクセスが行われ、当該ホットウォレットで管理している仮想通貨(BTC、MONA、BCH)が不正に送金されました。尚、具体的な手法に関しては非公開となっています。

被害金額

ハッキング被害により失った仮想通貨の種類及び数量は、次のとおりです。
・BTC 5966
・MONA 現在調査中
・BCH 現在調査中
以上の被害による損失の総額は、日本円で約67億円相当(MONA、BCHを含む)と思われます。現在被害数量が確定できていないのは、二次被害を防ぐため、確実な安全性の確認ができるまでサーバを再稼働させていないことが原因のようです。

今後の対応

以下、公式文になります。

本件発覚後、直ちに以下の支援の要請を行い、既に支援に関する契約の締結を行いました。

支援の内容は、(1)消失したお客様の預かり資産に相当する財産の提供、(2)セキュリティ向上のための技術・人員の提供、(3)経営基盤の向上のための資本提携、経営陣の派遣、などを内容としております。

弊社は、本日(平成30年9月20日)、JASDAQ上場企業である株式会社フィスコのグループ企業である株式会社フィスコデジタルアセットグループの子会社を通じて、弊社に対して、50億円を提供する金融支援、弊社の株式の過半数を取得する資本提携、過半数以上の取締役及び監査役の派遣、を検討する内容とする基本契約を締結するに至りました。

また、弊社は、本日、株式会社カイカ(JASDAQ上場,証券コード2315)との間で、弊社に対して、セキュリティ向上のための技術提供を内容とする基本契約を締結するに至りました。

以上の支援の取り付けに関しては、支援者側のグループ会社である株式会社フィスコ、及び株式会社カイカからもプレスリリースが発出される予定ですので、以下をご参照下さい。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る