COIN TOKYO

¥735,540
BTC -0.04%
¥23,276
ETH -0.04%
¥52.38
XRP -0.06%
¥50,407
BCH -0.30%
  • 2018/09/25
  • コイン東京編集部

ビットコイン(BTC)は一時反落の値動きをみせる、今後の価格はどうなるのか?-9月25日チャート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
9月22日まで急上昇をみせていた仮想通貨ビットコイン(BTC)は、その後は一時反落の値動きをみせています。下落後、再び9月中旬での価格帯で値動きをみせているビットコインは今後再び上昇の値動きをみせるのでしょうか?チャートを確認していきます。

仮想通貨ビットコイン(BTC)は完全にチャネルライン内へ突入

BTC/JPYの2時間足チャートをみていきます。9月22日に上値を76万円台まで伸ばしたBTCでしたが、その後反落の値動きを見せ始めます。9月24日には9月9日からのチャネルラインをブレイクしました。

チャネルラインに突入したBTCは73万円台から反発をみせ再び上昇への値動きをみせますが、今度はチャネルラインに反発を受けてしまいます。結果、本日9月25日にBTCは大きく下落を起こすこととなりました。チャネルライン突入後、上昇の兆しをみせるも、チャネルラインをレジスタンスラインとして機能したBTCは9月18日からの上昇ムードをひとまず終えた形となります。

9月25日現在のBTCは下値を71万円台までつけました。この71万円台という価格帯は、9月14日から20日までサポートラインやレジスタンスラインとして機能してきた価格帯です。更に本日の71万円台という価格帯は今年2018年2月20日からの下降トレンドラインとも一致する価格帯でもあり、強力な支持帯といえたでしょう。

今後は現在の下値である71万円台で支持されながら再び上昇をみせたいBTCです。まずは一目均衡表の雲でもあり、直近の上値でもある73万円台を突破できるか注目しましょう。明日9月26日には一目均衡表は細くなり、雲の下限位置も上方へ移動するため、上昇へのチャンスともいえます。

本日9月25日、再び下落相場となった仮想通貨ビットコイン(BTC)、反発が起きるタイミングとは?

BTC/JPYの日足チャートをみていきます。本日の下落により完全にチャネルライン内に突入したBTCは、9月18日からの上昇ムードをひとまず終えたことになります。

現在の下値である71万円台という価格帯は下降トレンドラインと一致しており、今後更なる下落がみられる場合、再びトレンドラインを下回り、市場では下落ムードが再来することとなります。しかし、トレンドラインを下回った場合もチャネルラインというもう一つの支持帯があります。

明日9月25日の場合、70万円台です。そのためトレンドラインを割る大きな下落が起きた場合も、チャネルラインでしっかりと支持された場合、再び大きな上昇の可能性もあるでしょう。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る