COIN TOKYO

¥386,591
BTC -0.25%
¥10,002
ETH -0.34%
¥33.96
XRP +0.15%
¥11,687
BCH +0.29%
  • 2018/09/26
  • コイン東京編集部 青野

米コインベースが仮想通貨上場審査プロセスを大幅に拡張

このエントリーをはてなブックマークに追加
25日、米国の取引所Coinbaseは暗号通貨の上場審査ポリシーを見直すことを発表しました。これまでの単一の審査基準から離れて、より広範な資産の上場が期待されています。

管轄区域ごとに資産が上場される

Coinbaseの新たなシステムでは、ほぼすべての人がオンラインフォームを通じた暗号通貨の上場申請をできるようになります。必ずしも全ユーザーがすぐに取引できるとは限りませんが、基準を満たすものがプラットフォームに上場される場合があります。

今までのようにCoinbaseが世界的に統一された種類の資産を提供するのではなく、管轄区域ごとに多様な資産が提供されるようになります。つまり、資産によって、現地の規制が明示的に禁止されているか、合法性が不明確な場所では取引できません。

Coinbaseは申請手数料と承認済み資産をリストするための追加料金を請求します。金額は明示されていませんが、申請手数料は迷惑メールを抑止することのみを目的としており、上場手数料はデューデリジェンスの費用をカバーするという。

Coinbase社CTOの Balaji Srinivasan氏はコインデスクに対し、「規制や技術的な問題を除けば、Coinbaseの主要な上場基準は市場の需要」だと述べています。これらは、特定の規制要件に応じてグローバルに、または選択的に展開される可能性が残されています。Srinivasan氏は以下のように述べています;

「顧客がそこにいることを確認したい。当社の確認事項は、1)法的に準拠しているか?、2)技術的に安全で革新的か?、3)顧客はそれを望んでいるか?、の3点です。」

〇Coinbaseの上場申請の一部

同氏は、7月に調整を開始すると宣言した、カルダノ(ADA)、ステラ(XLR)、ジーキャッシュ(ZEC)などは、まだ評価を継続していると認めました。

世界のコンプライアンス

管轄区域毎の資産リストは、暗号通貨取引所の間では稀有な慣行です。ワシントンD.C.にある法律事務所Anderson KillのパートナーStephen Palley氏は、「これは私が長年主張してきたアプローチだ」と語っています。

「フォード、アップル、Googleなど、世界中にサービスを販売したい場合、実際には世界中のコンプライアンスに準拠している。そのようなブランドは特定の国のサービス条件をカスタマイズする傾向がある。」と同氏は指摘した。

Coinbaseの判断は、法的リスクを最小限に抑えつつ、選択的なマーケット・テストに携わることを可能にします。Palley氏は、「スマートプレイだ。しかし痛みを伴い、高くつく。」と述べています。

確かに、このポリシーの実践によってCoinbaseの業務に煩雑さを増す可能性があります。地域の規制当局が許可していない資産は、取引できないようにする必要があるからです。これまで同社は、操業を認可されていない米国の州からのアクセスを防ぐ面で同じ課題に直面してきました。

ジオブロッキングは予防策としては、十分ではないかもしれない。ニューヨーク州検事総長事務局(OAG)は最近、暗号通貨取引所に関するレポートで、VPNアクセスを制限する取引所の不備を指摘した。

Srinivasan CTOは「各地の法律に準拠、及び維持するために必要なことはすべて行う」と述べています。IPアドレスに加えて、顧客ID(居住地域、銀行口座など)の詳細を使用した制限が想定されます。

未解決の課題

Coinbaseのポリシー変更については、多くの疑問が残されています。例えば、居住エリアの変更時の資産の扱いや、VPNをブロックする場合に中国やイランなど、それを唯一の手段としているユーザーへの対処などです。

従業員の極一部が資産の上場審査を担当していますが、Srinivasan氏はどのような評価基準が設定されるか、またインサイダー取引を防止する方法についてのコメントを拒否しました。

さらに、暗号通貨取引所の高い上場手数料は、暗号コミュニティの間で頻繁に論争を引き起こしてきました。上場手数料に対して、暗号コミュニティは一般的に拒否反応を示す傾向があり、Coinbaseの申請費用にどのように反応するかはまだ分かりません。

機関向けの暗号資産取引所Swatt Exchangeの創設者Marshall Swatt氏は、コインデスクに対し、上場手数料は取引所運営において標準的な部分であると語っています。Swatt氏は以下のように述べています;

「株式などあらゆる主要な金融商品取引所が上場手数料を請求しています。新しい資産の上場には多大なコストがかかり、その費用を避ける術はありません。新しいブロックチェーンを統合する度、取引所のリスクは高まります。私は上場手数料に賛成であり、倫理的にも問題は生じません。一定プライス、市場原理、あるいは他の合理的な取り決めであろうと、完全に適切です。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る