COIN TOKYO

¥370,243
BTC -0.42%
¥9,824
ETH -0.52%
¥32.93
XRP -0.41%
¥8,534
BCH -1.18%
  • 2018/09/28
  • コイン東京編集部

オーストリア政府がイーサリアム・ブロックチェーンで約1,500億円の債券発行

このエントリーをはてなブックマークに追加
オーストリア政府は、10月2日に、イーサリアム・ブロックチェーンを使用して11.5億ユーロ(13億5,000万ドル)の国債を発行することを発表しました。

イーサリアムのブロックチェーン上で債券発行

オーストリア輸出銀行(OeKB*1)は、オーストリア財務局(OeBFA)に代わって債券を発行します。このプロセスでは、債券はイーサリアムのブロックチェーン上(2*)で起債される、とKleinen Zeitungが25日に伝えました。OeKBは以下のように述べています。

「成功したテストの結果、ブロックチェーン公証サービスは来週の連邦債券オークションで初めて使用されます。」オークションシステムADAS(3*)のデータは、ブロックチェーンのHASH値として記録されます。

オーストリア財務大臣HartwigLöger氏は、「ブロックチェーン技術は経済政策の焦点であり、財務省のフィンテック諮問委員会を設立して、オーストリアがこれらの開発を最大限に活用できるよう、戦略を策定しています。」と述べている。

OeKBの取締役役員Angelika Sommer-Hemetsberger氏は、データを認証するためにブロックチェーン技術を使用する事について、「ブロックチェーン技術は銀行プロセスのクオリティを保証しながら効率を高める、大きな可能性を提供します。」と語る。

OeBFAのCEO、Markus Stixは、「この高度なセキュリティは、オーストリア国債の入札プロセスにおける高い信頼感に貢献し、オーストリアの市場におけるポジションを高め、間接的に有利な資金調達にも寄与する。」と述べています。

資金調達を目的としたブロックチェーン

現地メディアによると、オーストリアの債券シナリオの現状は、9月の前半に比べてやや悪化している。国債は一般的に圧力に直面し、金利はやや上昇している。

OeBFAは、すでに2018年の資金調達計画の約80%を完了している。資金調達計画は、7月に20億ユーロ縮小して、280億ユーロに減少した。10月2日を含めて、今年3度の入札が計画されていました。

資金調達を目的としたブロックチェーンシステムは、世界銀行が実用しています。8月末、世界初のブロックチェーン債券「Bond-i」を発行しました。コモンウェルス・オーストラリア連邦銀行(CBA)が単独幹事となり、1億1,000万豪ドル(約80億円)相当の調達に成功。イーサリアムのプライベートチェーンが利用されました。

今月、中国人民銀行(PBoC)の支援を受けている「取引と資金調達ブロックチェーン・プラットフォーム」が、広東省の深セン市でトライアル稼働されたと報じられました。このブロックチェーンプラットフォームは、国境を越えた取引における資本開放を目指し、中小企業の資金調達の効率化に向けた取り組みです。

(1*)Oesterreichische KontrollBank:ウィーンに本社を構える専門金融機関。オーストリアの複数の商業銀行が出資する。
(2*)メディアkleinezeitungは、「a public blockchain solution based on the blockchain system Ethereum」と報じたが、確認は取れていない。
(3*)Auction Procedure for Federal Bonds of the Republic of Austria:オーストリア共和国、連邦債のオークションプロシージャ。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る