COIN TOKYO

¥449,945
BTC +0.31%
¥15,591
ETH +0.52%
¥35.29
XRP +0.23%
¥17,960
BCH +0.72%
  • 2018/09/29
  • コイン東京編集部

ガス(GAS)が韓国の取引所Upbit上場で96%増加、有望ICOが始まるNEOが連動

このエントリーをはてなブックマークに追加
NEOの燃料として知られるガス(GAS)は、金曜日に対ドルの価値が96%上昇しました。スパイクの大半は、正午すぎの50分間に見られ、最初の10分で200万ドルが市場に流入しました。同時刻に韓国の取引所UpbitがGAS / KRWペアの追加を発表しました。これが取引の動機になったようです。

ガスのパンプ

27日夕方、GASは5.09ドルから緩やかに10%上昇。28日の12:29と12:39の間の10分で200万ドルの一気に買いが入り、GASは5.52ドルから7.74ドルに急騰。瞬間的な下落の後、次の20分間に300万ドルが市場に流入、GASの価格は8.34ドルに押し上げられました。

〇28日正午のGASの上昇 出典;コインマーケットキャップ

13時台に200万ドルの出来高を伴って、ポンプが完成。GASは10ドルの日中最高値に到達しました。50分間に述べ700万ドルがGAS市場に参入し、その後、欧州市場がスタートして本格的に取引され、出来高は3倍の2,100万ドル台に膨らみました。

ツイッター上のアナリストによると、このラリーの間のどこかで、Binance(バイナンス)で1人の大口によって62.5 BTC分のGASがわずか25秒間で購入されています。このシグナルは最初のポンプ以降に検出されたものであり、このバイヤーが利益を挙げる場合、週末をかけてGASの価格がさらに上昇するのを待つ必要があります。

NEOへの連動とnOSのICO開始

NEOとGASの取引活動は通常は、必ずしも連動しませんが、昨日はGASの増加した動きに牽引されたようです。NEOは金曜日に14.8%上昇。中国の取引所ZB.COMのNEO / BTCペアが28.5%を占めました。29日午前時点のガスは1GAS=6.37ドル(724.50円)前後。過去24時間比11.74%と堅調です

〇28日のNEOの上昇 出典;コインマーケットキャップ

28日、NEOの出来高は24時間で1億2,000万ドルから1億9,900万ドルに増加しました。NEO保有者は、GASを自動的に生成することを考えると、今日のNEO購入の一部は短期保有と考えられます。

一方で、NEOエコシステムで期待されるICOプロジェクト「nOS」のホワイトリスト受付が、28日金曜日20時(GMT+2)に開設されました。トークン販売申込み期間は、2018年10月5日金曜日20時(GMT + 8)に終了します。

仮想オペレーティングシステムのnOSは、UIなどのブラウザ、dAppディスカバリストア、自動トークン変換などの機能を提供します。ユーザーにとって使いやすく、分散アプリケーションの開発と展開を容易にするプロジェクト。24日にnOSは、法定通貨取引をサポートするネオの分散型取引所Neon Exchange (NEX)と提携。両方とも、ネオプロジェクトの中でも格別に前評判の高いプロジェクトです。

29日午前時点のネオは、1NEO=18.56ドル(2,110.49円)前後、時価総額12億660万ドルで市場14位です。年内最高値175ドルから大きく下落しましたが、期待のICOの開始に伴い、需要の増加が見込まれます。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る