COIN TOKYO

¥730,739
BTC -0.16%
¥23,133
ETH +0.01%
¥51.51
XRP +0.05%
¥50,600
BCH -0.03%
  • 2018/10/01
  • コイン東京編集部

米仮想通貨ファンドがSECからの召喚状に憤慨、今後はアジアプロジェクトにピボットか

このエントリーをはてなブックマークに追加
9月29日、米国のメディアTechCrunch(テッククランチ)の共同創設者Michael Arrington(マイケル・アーリントン)氏は、自身のクリプトファンドArrington XRP CapitalがSECから2つめの召喚状を受取ったと明かしました。今後同社は、米国ではなくアジアのプロジェクトにフォーカスすると発言しました。

米国における規制の不確実性



「SECから2つめの召喚状を受け取り、再度米国企業の投資家として、情報を収集されました。これらに対処する上での法的費用はさほど重大ではないが、SECがトークン規制を明確にするまで、米国の案件にこれ以上投資しない事にする。アジアへシフトだ。」

Arrington氏は、SECによる仮想通貨関連企業や投資会社への不確実な取り締まりに憤慨し、「米国は後れを取っている」と付け加えました。

米国のGemini(ジェミニ)とCoinbase(コインベース)は、世界市場で最も厳しく規制されている暗号通貨取引所の2つで、SECと国の金融監督当局に積極的に協力して、暗号のインフラとポリシーを整備しています。

最近、Coinbaseは、州や連邦法を完全に遵守してトークンをプラットフォームに上場させるための新たなフレームワークを導入しました。トークンがSECの承認を得てCoinbaseに統合される場合、それは公式に証券として清算されます。その場合他の取引所も無登録証券の供給業者として認知されるリスクを伴わずに、そのトークンを上場できる事を意味します。

裏を返せば、現行法において米国市場の取引所や投資家は、Coinbaseがトークンを上場させるまでそれが非証券であると確信できません。米国の暗号通貨市場全体が、Coinbaseのトークン上場プロセスの行く末に注目しています。

このような非実用的なエコシステムに加えて、クリプト投資会社に対するSECの度重なる取り締まりにより、米国の大手投資家はMichael Arrington氏と同様に、他国の主要市場にピボットするのではないか、とCCNは報じた。単に暗号市場に投資しただけで、召喚状を受けるとなると、VC企業はSECの調査に脆弱な状態と言える。

さらに、Kobre & Kim LLPの政府系証券訴訟の弁護士Jake Chervinsky氏は、米国議会は暗号関連の法案を通過させる意向がないという。政府を説得する企業やワシントンDCでのロビー活動の不足を指摘している。Chervinsky氏は以下のように述べています:

「裏側の資金がない事。議会を通じた立法を推進したいのであれば、インフラのロビー活動が必要です。私が言及した友人は、かなり野蛮な政治家です。彼の質問は基本的に『これを通すために誰が私に支払うのか?』です。」

米国を離れ始める暗号企業

先週、米国の国際送金スタートアップRipple(リップル)社は関連企業と共に、ワシントンDCでのロビー活動を目的とした団体SAIVを設立しました。SAIVは連邦議会、SEC(米証券取引委員会)、IRS(内国歳入庁)、およびクリプト規制に関与する他の機関にロビー活動を予定しています。

今年7月、米国Ripple社のチーフストラテジスト、コリー・ジョンソン氏は、技術と金融革新の次の大きな挑戦に後れをとっている可能性があると指摘し、米国当局の仮想通貨に対する理解の欠如を批判しました。同時期にCFTC(米商品先物取引委員会)のクリス・ジャンカルロ委員長は、また、米国が仮想通貨の導入プロセスについて「4年遅れている」と述べていました。

すでに、暗号通貨に関連した主要なビジネスは、米国外で操業し始めています。上位の取引所Upbit、OKEx、Huobi、BitFlyer、BitMEXはすべてアジアを拠点としています。Binance、ShapeShiftはマルタとスイスに拠点を置いています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る