COIN TOKYO

¥387,536
BTC -0.16%
¥10,237
ETH -0.18%
¥34.56
XRP -0.07%
¥11,032
BCH +0.12%
  • 2018/10/03
  • コイン東京編集部

ハッカーがビットコインで購入できるコカコーラの自動販売機を自作

このエントリーをはてなブックマークに追加
スペインに住む一人のハードウェアハッカーRicardo Reis(リカルド・レイス)氏が、コカコーラの自動販売機を自作したそうです。
学習目的で作成されたというこの自動販売機は、YouTubeにも公開されており一部の間で話題となっています。

この販売機は備え付けのQRコードを読み取ることで、ライトニングネットワーク経由でビットコイン決済を行うことができるように設計されています。
利用者はモバイル端末で画面に表示されている「QRコード」をスキャンして、携帯の画面に表示された承認ボタンをタップするだけで簡単に支払いを完了することができます。
提供まで要する時間も僅か数秒で済むそうです。

現時点でもスムーズにコーラを手にすることができる仕様となっていますが、レイス氏は「イーサリアムのネットワーク上で取引を処理できるようにすれば、より早くコーラを提供することができるようになる」とも述べています。

一方、コカコーラ社はこの自動販売機には関与しておらず、一部では「コカコーラに買収されるのではないか」という声も上がっていますが、制作過程はそれほど難しくはなく、もしコカコーラ社が取り組む意思があるのであれば、自社で開発を進めているため買収の可能性は低いという意見が出ています。

コカコーラ社

1886年に薬剤師であるJohn Pemberton(ジョン・ペンバートン)氏が設立。
当時にしては珍しい無料試飲クーポンを配布するなど、独自の経営手法により業績を伸ばしています。

バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway)のCEOで投資家でもあるウォーレン・バフェット氏が保有する銘柄「バフェット銘柄」として最も有名なのが米コカコーラです。
「一般消費者に対して毎日19億本以上にも昇るコカ・コーラを提供している」と言われる同社は、2018年現在も世界を代表するトップ企業の1つとして知られています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る