COIN TOKYO

¥728,454
BTC +0.10%
¥23,005
ETH +0.31%
¥51.71
XRP +0.06%
¥49,553
BCH +0.02%
  • 2018/10/03
  • コイン東京編集部

ビットコインコードで発見されたバグが、ピジョンコイン(PigeonCoin/PGN)で悪用される

このエントリーをはてなブックマークに追加
数週間前にビットコインのコードで発見された深刻なバグが、同様のコードを利用する仮想通貨PigeonCoin(ピジョンコイン)で悪用されました。不特定の攻撃者が9月26日にこのバグを使用して、2億3,500万枚のピジョンコイン(約15,000ドル:175万円相当)を発行しました。火曜日、ビットコインの開発者がコインデスクに伝えた。

BTCのコード上のバグがコピーコインにも

主な原因は、ビットコイン(BTC)のコード上のバグを、コピーして使用していた別のコインが、BTCと同じ脆弱性に晒される事にあります。以前にビットコイン開発者は、修正バッチを配布して至急の更新を推奨していました。


特定の条件下で、攻撃者はこのバグを悪用して任意枚数のコインを発行できるという。しかし、供給量の上限設定を越えた発行は、投資家が保有するコインの価値低下につながります。

〇出典:コインマーケットキャップ

ピジョンコイン(PGN)は非常に小規模な仮想通貨です。コインマーケットキャップによると、1PGN=0.0075円、時価総額は692万円で1117位に位置します。供給枚数は9億2300万枚、発行枚数は210億枚です。

また、この攻撃は、ブロック・チェーンを使用した「悪質なデータ収集の終わり」努力にはあまり影響を与えません。

攻撃者は、PGNコインの供給量の4分の1にあたる2億3,500万枚を発行。そして、ほとんど唯一上場している取引所クリプトブリッジ(CryptoBridge)にコインを送りました。CryptoBridgeはPGNコインの取引を停止して、開発者は修正に取り組んでいるという。

インフレが発覚して、PGNコインの開発者は、2〜3週間前にBTC開発者から配布されていたソフトウェア改訂バッチを借用して、PGNソフトウェアの修正をすぐにリリースしました。BTC開発者は当初から「ビットコインのコードソースから得られる二重支払いの悪用を解消するために、プールや取引所は直ちにアップグレードする必要があります」と推奨していました。

ある開発者Scott Roberts氏は、「この事案では、市場のコインが本当に脆弱であることを確かめる結果となった。漠然とした理論上の問題ではなかったということだ。」と指摘しています。

他のコインへ派生するのか?

PGNのバグは修正されました。攻撃者の大量のピジョンコインの行く末に注目が集まります。攻撃者は、少なくともPGNを別の暗号通貨に交換する必要があります。ビットコイン開発者Michael Oatesは、「多くの人がハッキングされたコインがどうなるか、価格はダンプ(押し下げ)されるかと、様子を見ている。私の推測では、資金は数日間は動かないだろう。一度にすべての資金を動かすのは馬鹿だ。」とコインデスクに語った。

別の大きな懸念は、ビットコインのコードをクローン化した他のコインへの影響です。Scott Roberts氏は「これまでに攻撃されたコインがどれだけあるか興味深い事ですが、知っている限り、ピジョンコインが悪用された唯一のコインです。」と語る。

同氏は、「ほとんどのコインはすでに更新されているようだから、問題にはならないだろう」と指摘。ビットコイン・ゴールド(BTG)やライトコイン(LTC)のような多くの仮想通貨は既にアップグレードされており、他のコインで同じ攻撃が実行されないことを願っている、と述べています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る