COIN TOKYO

¥730,739
BTC -0.16%
¥23,133
ETH +0.01%
¥51.51
XRP +0.05%
¥50,600
BCH -0.03%
  • 2018/10/04
  • コイン東京編集部

バイナンスが、世界中の空港へのPOS決済導入を目指すTravelbybitに350万豪ドル(約3億円)出資

このエントリーをはてなブックマークに追加
バイナンスは、観光事業支援を目的としたブロックチェーン支払いプロバイダーTravelbyBitに350万豪ドル(約3億円)を投資しました。ブロックチェーン技術を組み込んだPOS(point-of-sale)決済システムを世界中の主要な空港への展開を目指します。

国際空港での支払いに暗号通貨は最も適している

オーストラリアに本拠を置くTravelbyBitは、ビットコインなどのデジタル通貨で支払いを受け入れるPOS端末を加盟店に提供し、また旅行者に予約サービスを提供しています。同社のツールはブリスベン空港や、アグネス・ウォーター(Agnes Water)という町のフォーティテュード・バレーを含むブリスベンの飲食・サービス・小売を含む150店舗に導入されています。

バイナンスCEOのChangpeng Zhao氏は、海外旅行において、特に空港に上陸した直後に使用する手段として、暗号通貨は最も適していると述べています。

CZ氏は「TravelbyBitを探して、コインを利用してください(できればバイナンスコイン:BNB)。空港から始めて、その先へ進めましょう。」と述べる。

TravelbyBitの支払いプラットフォームは、複数の仮想通貨に対応しています。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)等の支払いを現在サポートしています。空港の訪問者はすぐにTravelbyBit導入店舗での支払いにバイナンスコイン(BNB)を使用できるようになるという。

TravelbyBit社CEOのCaleb Yeoh氏は、ブロックチェーンの支払いは従来の為替レートや両替の煩わしさを解消する、と述べています。

「複数の空港を経由して旅行するのに、単一の通貨しか必要としないと想像してください。私たちは、最も革新的な空港や小売業者と協力しています。彼らは消費者に最先端の技術を体験する機会を提供したい、非伝統的な支払いオプションを提供したいと考えています。」

今年8月、TravelbyBitはクイーンズランド州政府から、追加で10万豪ドル(約880万円)の資金を調達しました。州政府の発表によると同社は今後、観光促進のために暗号POS端末の提供地域をさらに拡大すると発表していました。

バイナンスとの取り組みについて、クイーンズランド州革新と観光大臣Kate Jones氏は、「ブロックチェーンのエコシステムで、最も確立された多国籍企業と提携する、自国企業を誇りに思います。」と述べています。

7月、NEM財団はオーストラリアにNEMブロックチェーンハブを開設することを発表しました。NEMブロックチェーン技術に関する教育と開発者となるこのハブは、TravelbyBitがブリスベンで運営すると述べていました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る