COIN TOKYO

¥736,067
BTC -0.05%
¥23,326
ETH +0.05%
¥51.92
XRP +0.02%
¥50,494
BCH -0.02%
  • 2018/10/04
  • コイン東京編集部

米コインベースがビットコインの送金詰まり解消に向けたCPFPシステムを実装

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインの取引が大量に発生して送金手数料が高騰することで、より低い設定のトランザクションが後回しにされる「送金詰まり」という問題があります。米国の暗号通貨取引所Coinbase(コインベース)は、この問題に対処するために「チャイルド・ペイ・フォー・ペアレント*」(CPFP)という機能を実装しているという。2日に公式ブログで公表しました。

ビットコイン送金の主な問題

ビットコインの送金の主な問題は、手数料が変動する事でトランザクションの承認に要する時間が大幅に遅延する可能性があることです。Coinbaseは、これが無駄なサポートへのアクセスを誘発して同社の時間を忙殺し、ユーザーも「不満足な経験」を体感していると考えています。

主な原因は、VisaやMastercardなどカード支払いのような一律のパーセンテージではなく、ビットコインの手数料の支払いがオークションの入札と似た市場原理モデルに基づいているからです。最も高い手数料を設定するトランザクションが優先的に処理されます。

このモデルにおいて、より低い手数料の取引は、承認されて資金が「到着」するまでに24時間近い時間がかかることがありました。その結果、2017年末にBTC価格が約2万ドルの最高値まで上昇したときに見られたように、活況時には手数料のスパイクが発生する可能性があります。

〇1バイト当たりの日々の平均取引手数料 出典:bitcoinfees.info/

コインベースのソリューション

コインベースは承認待ちトランザクションの構造的問題に対処するために、ビットコインプロトコルに組み込まれた、経済的インセンティブに目を向けたと述べています。そして最近、「チャイルド・ペイ・フォー・パレント*」(CPFP)というソリューションをプラットフォームに実装しました。*親取引のために取引が支払う

"Child Pays for Parent" (CPFP)は、失速した(相場に対して低すぎる手数料設定のため)ビットコイン取引に対して、親トランザクションにリンクされた子トランザクションが、より高い手数料金を提供するように調整されています。

ビットコイン採掘クライアントはトランザクションをグループとしてバッチ処理するので、より効果的な子トランザクションを追加すると、親が早く処理されやすくなります。コインベースはこの状況を構造的にアレンジします。

コインベースによると、このCPFPプロセスはトランザクションが「最低4ブロック」詰まった時に発動するよう設定、また時には「1日に何千ものトランザクションを処理するために」自動的に利用すると述べています。CPFPはエンドユーザーからの通信不要で実施されます。

CPEPはここ数カ月間に、コインベースのシステム全体に導入されました。結果は現状「非常にポジティブ」であると述べています。

親と子トランザクション

コインベースは、ビットコインの送金詰まりを引き起こす、下記のような構造にもとづいた、手数料の入札プロセスを自動化する機能(CPFP)を構築しています。

ビットコインのトランザクションは、入力と出力で構成されます。古い取引の1つ以上の出力が新しい取引の入力になります。この新しい取引は、以前の「親」トランザクションの「子」となります。

ビットコインプロトコルでは、親トランザクションが追加される前にブロック内に子トランザクションを含めることはできません。後のトランザクションは以前のトランザクションに依存するため、同じブロックまたは後のブロックに含める必要があります。

コインベースのCPFP

典型的なビットコイントランザクションには、「Change Output(変更出力)」と呼ばれるものも含まれます。この変更出力が、CPFPで活用されます。CPFPはChange Outputを管理して、子トランザクションの手数料を高めに設定します。

ビットコインの採掘ソフトは、同時に保留している従属トランザクション(親と子)が存在する場合は常に、それらのトランザクションをグループとして見て、セット全体の手数料を計算します。

この際、コインベースが親よりも高い手数料の子トランザクションを提出することで、グループ全体の料金を引き上げ、優先して処理されやすくします。

コインベースは、これらの取引がマイナーにとって理にかなっていると述べ、一方で、マイナーが利益のより少ない取引も拾う必要があると留意しています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る